T.M.Revolution 西川貴教の歌唱力はどれだけすごいのか?

T.M.Revolution=西川貴教といえば、通称・声量オバケとも言われる絶大なパワフルヴォーカルが持ち味。とはいえ声が大きい人がみな歌唱力があるかといえば大間違い。そこで西川貴教のヴォーカリストとしての「歌唱力」について考察してみました

T.M.Revolution=西川貴教といえば、通称・声量オバケとも言われる絶大なパワフルヴォーカルが持ち味。

とはいえ声が大きい人がみな歌唱力があるかといえば大間違い。

そこで西川貴教のヴォーカリストとしての「歌唱力」について考察してみました!

T.M.Revolution=西川貴教の歌唱力●声量がスゴい


(出典:YouTube)

「ミゲル・ガーレイロ 西川貴教 CM エステー 消臭力 “夢の共演” 」

3.11東日本大震災を経て、復興に向けて大きく踏みだそうとする日本、そのテレビ放送の中で印象的だったCMといえば「エステー 消臭力」。天才少年のミゲル・ガーレイロのヴォーカルも凄まじかったけれど、西川貴教もまた、その歌唱力で大いに盛り上げました。そのふたりの共演したレア映像がこれ。

こうした単純なメロディーに、レンジの広い西川さんのヴォーカルはベストマッチ。腹の底からの爆発的な発声は、そうは簡単に真似できるものじゃありません。

T.M.Revolution=西川貴教の歌唱力●ピッチ(音程)が正確すぎる!


(出典:YouTube)

T.M.Revolutionの生みの親である浅倉大介とともに、そのルーツとなる小室哲哉の在籍したT.M.ネットワークの名曲「Get Wild」を歌っているレア映像がこれ。

小室哲哉の芸風といえば、鍵盤系アーティストならではのヴォーカリストを困らせる音の飛びの大きなメロディーライン。通常のヴォーカリストの大半は、ここで音程をミスするのが普通。だって人間はシンセサイザーでもピアノでもないのですから。

それを西川さん、見事なまでに歌いきってます。さすが本人いわく「オートチューン(※)のかからない声」と明言しているだけあります。
※オートチューン……音程のズレを矯正して不思議な効果を出すヴォーカル用エフェクト

T.M.Revolution=西川貴教の歌唱力●抜群のリズム感


(出典:YouTube)

さあこの爆速スピードで人気を博したヒット曲「魔弾」での西川さんの堂々たる歌唱を見てください。

徹底的に速い上に16ビートの複雑なリズムの上を水を得た魚のようにハネている西川さん。そう、リズム感もまた抜群なんですね、ター坊。決めの部分もバシッとキメて、かっこいいったらありゃしません。

ということで、「ボーカロイドには負けません!」とも自ら豪語する西川貴教の歌唱力は、今の日本の音楽シーンの代表選手ともいうべき立派なものなのです!

T.M.Revolutionの他のオススメ記事

チケットキャンプではT.M.Revolutionのチケットを取扱中!

さて、T.M.Revolution=西川貴教のライブが見たくなってきたのではありませんか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるもの。

もちろんチケットキャンプではT.M.Revolutionのチケットを取り扱っています。ぜひチェックしてみましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。