T.M.Revolution 全てのはじまりは、あの曲からだった…

accessとしての活動を一段落させた後様々なプロデュースに乗り出した浅倉大介。自身のユニットIceman等の活動もこなしながら一つのターニングポイントとなったのが「BLACK OR WHITE」です。今回はこちらの曲の魅力をご紹介します。

accessとしての活動を一段落させた後、様々なプロデュースに乗り出した浅倉大介。自身のユニット・Icemanなどの活動もこなしながら、ひとつのターニングポイントとなったのがこの「BLACK OR WHITE」です

藤井隆、Fayray、木村由姫、pool bit boys、LAZY KNACK、雛形あきこなど数々のアーティストをプロデュースしてそこそこの成功を収めていたのですが、やはり西川貴教との出会いが浅倉本人にとっても最大の収穫だったのではないでしょうか。

それまでもごく普通のロックバンドとしてはデビューにこぎつけていた西川貴教ですが、鳴かず飛ばずの状態。そこを浅倉大介に見初められて、浅倉大介 expd. 西川貴教としてリリースされて話題となったのが「BLACK OR WHITE?」なのです。

T.M.Revolutionになる前の西川貴教による「BLACK OR WHITE?」

浅倉大介 expd. 西川貴教「BLACK OR WHITE?」

こうして西川のヴォーカリストとしての実力に感銘を受けた浅倉は、西川貴教のために曲を制作、浅倉大介 expd. 西川貴教「BLACK OR WHITE?」として、CDリリースをしたのです。それこそが今もなお人気の高い楽曲「BLACK OR WHITE?」の誕生。

T.M.Revolution12枚目のシングルで「BLACK OR WHITE? version 3」としてリリースされたほうが有名ではありますが、上記の映像を見るとまだ若く初々しい声量オバケ以前の彼の姿が見られて興味深いと思います。

T.M.Revolutionの変遷がわかる「BLACK OR WHITE?」の異バージョン

他にもこの「BLACK OR WHITE?」はアルバム「MAKES REVOLUTION」にも収録され、また違った味わいで再現されているのでファンの人は是非チェックしたほうが良いでしょう。

MAKES REVOLUTIONをAmazonでチェック!

MAKES REVOLUTIONをAmazonでチェック!

もちろん後年になってヒットする「BLACK OR WHITE? version 3」と聴き比べるのは当然として。他にも浅倉大介のサードアルバム「ELECTROMANCER」にもL.A. MIXとして収録もされているので、コンプリートしたい人はそちらもどうぞ。

ELECTROMANCERをAmazonでチェック!

ELECTROMANCERをAmazonでチェック!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。