シド (SID) チケット
シドのメンバーの隠れた一面を覗き見してみた!地元愛が半端ない!?

2008年にメジャーデビューし、若者を中心に人気を集めるバンド、シド。作品の質の高さにこだわって作られる楽曲はジャンルレスとも言える幅の広さが特徴です。ここでは、自由に「シドらしい」音楽を生み出す彼らについて、踏み込んでご紹介いたします。

2008年にメジャーデビューし、若者を中心に人気を集めるバンド、シド

作品の質の高さにこだわって作られる楽曲はジャンルレスとも言える幅の広さが特徴です。ここでは、自由に「シドらしい」音楽を生み出す彼らについて、踏み込んでご紹介いたします。彼らの人となりを知れば、もっとシドが好きになるかもしれませんよ!

シドのフロントマンを勤めるボーカル「マオ」

シドのメインボーカルを勤める「マオ」は、ユニセックスな甘い顔立ちが魅力です。

歌の実力はヴィジュアル系バンド界だけでなく、多くのアーティストから評価されています。ビブラートのテクニックに特に定評があり、自身の武器としています。

「黒夢」「SADS」などの活動で知られるボーカリスト「清春」から多大な影響を受けており、同じタトゥーをいれるほどです。福岡県久留米市出身で、帰郷した際には方言に戻ります。インディーズ時代には、地元の方言を用いた曲を作詞するほどの地元愛で知られています。

シドのギターリスト「Shinji」

シドのギターを担当する「Shinji」は、お茶目なキャラクターが人気を集めています。

ライブでのMCでは下ネタをいうシーンも多く見られます。ネギが好きという一面もあり、グッズをプロデュースする際にはネギをモチーフにしたデザインが多く発表されています。尊敬するアーティストに、布袋寅泰と氷室京介を挙げています。

ピアスが特徴的なシドのベーシスト「明希」

シドのベースを勤める「明希」は、たくさんのピアスとタトゥーが印象的です。

髪型などを変える頻度も高く、オシャレな一面を見せています。高校時代までピアノ教室に通っており楽典に精通しており、作曲においても重要な役割を担っています。

シドのドラマー「ゆうや」

ドラムを勤める「ゆうや」は、ステージ上で見せる明るい笑顔が特徴的です。

ドラムプレイだけでなくギターなども演奏することができ、作曲面でもシドの活動に貢献しています。小学生の頃からサッカーをやっており、ブラジルに留学した経験もあります。ファンの前で見せる天真爛漫なキャラクターに反して、普段はもの静かという意外な一面も持ち合わせています。

シドに関する最新記事一覧★

魅力溢れるシドのメンバーに会いにいってみよう!

個性豊かなシドのプロフィールについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?チケットキャンプではシドのライブチケットを取り扱っています。チケットが取れなくて困っている人も、譲ってくれる人が見つかるかもしれません。リクエスト機能を使って、諦めずに探してみてくださいね!

みんなのコメント
  1. 美麗 より:

    SIDの細かい所まで知ってるなんて凄い尊敬します♪
    私なんか中学生の時からSIDが大好きだけどインターネットに載ってるような事しか知らないから…。

    • ルカ より:

      私も雑誌で載ってることとかしか知らなくてみんなどうやって調べているのか気になりますよね♪

      • 美麗 より:

        細かい事まで分かるなんて凄いですね♪
        私の知らないことばっかりでした。
        教えてくださってありがとうございます♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。