【シドギャ必見!】SID(シド)のライブ定番曲のフリまとめ♡初ライブの予習に!

Vo.マオを中心に結成されたSIDは今年で14周年を迎え、今やヴィジュアル系の枠を飛び越え、お茶の間にも浸透しつつある人気バンド!そんな大人気バンド、SIDのライブ定番曲のフリを5段階の難易度をつけてまとめてみました!この記事を読めばライブの予習はバッチリ!ライブを100%楽しめちゃいますよ♡

SIDのライブのノリがわからなくて心配…そんな方もご安心♡

2003年、Vo.マオを中心に結成されたSIDは今年で14周年を迎え、今やヴィジュアル系の枠を飛び越え、お茶の間にも浸透しつつある人気バンド!新曲をリリースする度、アニメやCMなど数多くのタイアップがつき、着実に知名度を上げています!今年9月からは待望の全国ツアーを予定しており、東京国際フォーラムや大宮ソニックシティなどの超大型ホールでSIDが見られちゃいます♡

初めてSIDのライブに足を運ぶ予定の方は、「SIDのライブってどんな感じ?」「フリがわからないと楽しめないかも…」と不安になっちゃいますよね。そんな方のために、SIDのライブ定番曲のフリを5段階の難易度をつけてまとめてみました!この記事を読めばライブの予習はバッチリ!ライブを100%楽しめちゃいますよ♡

  ♬嘘【難易度☆☆☆☆★】

SIDの中でもメジャーな名曲!

まずご紹介するのは2009年にリリースされたメジャー3作目のSingle、「嘘」です!人気アニメ、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のテーマソングにもなった、SIDの中でも特にメジャーな名曲です!SIDを知らなくてもこの曲は知ってる!なんて人も多いのではないでしょうか?メジャーな曲だけに、ライブで披露される機会も多い様子!予習必須の曲です♡

フリは簡単!手扇子をマスターすればもうOK!

細かいフリなどは全くなく、この曲一番の聴きどころであるサビの部分はずっと手扇子!なので手扇子だけマスターしちゃえば誰でも楽しめちゃう簡単な曲です♡ライブ初心者の方にもオススメですよ!

♬夏恋【難易度☆☆☆☆★】

これからの時期にぴったりの爽やかな曲!

次にご紹介するのはSIDの6枚目のSigle、「夏恋」です!初夏の爽やかな情景と、甘酸っぱい恋愛を描いた歌詞がまさにSIDっぽくて、ファンの間でも人気の曲なんです。曲調もとっても爽やかで聴きやすいので、ヴィジュアル系はあまり聴かないという方にもオススメ!

曲に合わせてひたすらジャンプ!

この曲もフリはとっても簡単!サビではリズムに合わせてピョンピョンとジャンプをしながら、左右交互に手を上下にパタパタと振るだけでOK!ただ、ジャンプが長いので持久力が必要かも?(笑)動画で動きをチェックしてみてくださいね♡

♬吉開学17歳(無職)【 難易度☆☆★★★】

SIDの処女作は尖りすぎていてヤバイ!

次にご紹介するのは2003年にMDで発売された「吉開学17歳(無職)」!こちらはSIDの処女作品であり、タイトルからもわかる通り超尖った問題作です。イントロでは今では珍しいマオのシャウトがたっぷり聴けます。歌詞は所謂秋葉系のヲタクが主人公。「盗聴」「盗撮」「排泄」「虐待」などの過激な単語がこれでもかと言うほど散りばめられ、聴いているだけで不安になるような刺激に溢れています!まさにヴィジュアル系ならではの魅力が詰まった曲です!今のSIDからは想像もつかない程、尖っています…(笑)

ヘドバン&逆ダイで思いっきり暴れちゃおう!

イントロではひたすらヘドバン!頭が取れるくらい思いっきり振りましょう!歌が始まったら「脳タリン 脳タリン 死ね」の「死ね!」に合わせて逆ダイ!ステージに向かって、タイミング良く飛びましょう。ホールなど椅子ありの会場では、逆ダイの変わりに手を高く上げ、飛ぶタイミングで手を振り下ろすような動きをすると気持ちが良いと思います!サビは手バン。両手を高く上げてパタパタと音楽に合わせて左右交互に動かします!細かいフリは無いので、とにかく激しい曲調に合わせて暴れちゃいましょう♡

♬循環 【難易度☆☆★★★】

音源入手不可のプレミア曲がライブで聴けちゃう!

3つ目にご紹介するのは「循環」です。こちらは先にご紹介した「吉開学17歳(無職)」のカップリング曲。現在は音源入手不可のプレミア曲ですが、ライブでは披露される機会が多いので、音源は持ってないけど聴きたい!という方は是非ライブに足を運んでみてくださいね♡

会場中がくるくる回っちゃう!簡単なのに楽しくてクセになりそう!

この曲は動き自体は簡単ですが、曲の流れに合わせていくつかのライブ定番のフリが組み合わさっているので、動画を見つつ、予習してみてくださいね!

「誰かが笑ってる~」からは左右に軽く体を揺らしながら手拍子をしましょう。「循環ってます、循環ってます~」では、両手をグーにして上下に揺らしながら、歌詞の通りその場でくるくると回っちゃいます!思い切って動くと会場の一体感が感じられてとっても楽しいですよ♡「どうか見捨てないでと~」のところからは、何度かギターに合わせてジャンプするタイミングがあるので、マオの煽りに注意してタイミングを見計らってくださいね!「さよなら」という歌詞の部分では両手を前に出して、バイバイの仕草。サビは手扇子で気持ちよくメロディーにのってみてください!

♬妄想日記【 難易度 ★★★★★★★★★∞】

爆発的人気のきっかけとなった名アルバム「憐哀-レンアイ-」の中の問題作

最後にご紹介するのは2004年に発売されたSIDの1st Alubum「憐哀-レンアイ-」に収録されている「妄想日記」です!リリース当初からファンの間で高い人気を誇る曲です!SIDと言えばこの曲!というイメージの方も多いのではないでしょうか?「憐哀-レンアイ-」は発売直後から、ヴィジュアル系バンドのファンの間で話題沸騰となった名盤で、SIDの人気が急上昇するきっかけとなったアルバムです。あまりの話題っぷりにSID以外のバンドのファンでも「憐哀-レンアイ-」は購入したという方が多いんですよ!

そんな他バンドのファンも認める名盤中の名盤の中でも問題作とも言われる曲がこの「妄想日記」なんです!哀愁漂う歌謡曲調のメロディーに、愛するあまりストーカーになるほど狂った女性の歌詞がぴったりと合い、なんとも言えない気持ち悪さがクセになります。

難易度は超高めの上級者向け!イントロの動きだけでもマスターしておくと◎

フリの多いヴィジュアル系バンドの曲の中でも、この曲は特に難易度高め!ほぼ手話と言っていいほど、歌詞の単語一つ一つに対してのフリが決まっています。しかも、その動きもとっても難しいんです…初心者の方はイントロのところの動きだけでもマスターしておくと楽しめそうですね!

イントロはギターの音に合わせて、右手、左手の順番に横に出し、前に持ってきてクロス、また開くを2回繰り返し、最後に「パン、パン」と2回手拍子。この繰り返しになります。他の細かい動きはわかりやすく見せてくれる動画をご紹介させていただきます!

これは、複雑すぎる…!!と震えても、何度もライブに通って覚えれば大丈夫!こんな複雑な動きも涼しい顔で出来ちゃえば、あなたも立派なシドギャです♡

もう準備はバッチリ♡SIDに会いに行こう!

今回は超人気バンド、SIDのライブ定番曲のフリ、ノリについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?SIDはファンクラブ限定の全国ライブハウスツアーや、男限定・女限定のワンマンツアーなど常に新しいことにチャレンジし、進化し続けているバンドなので、一瞬たりとも目が離せません!「ずっと前からSIDが大好き!」という方も、「今まで知らなかったけど、なんか気になる!」という方も、是非ライブに足を運んで生でSIDのライブを体感してみてくださいね!

関連のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。