シドのボーカルとして活躍するマオの服装を様々な視点でご紹介!

ヴィジュアル系ロックバンド、シドのメインボーカル、マオ。彼は個性的なファッションセンスも注目されておりファッションを真似るコアなファンも多いほど。今回はマオのオフィシャル、プライベートそれぞれの服装を画像でご紹介します!

2003年のデビューから現在に渡り、その個性的なメロディと抜群のルックスから多くのファンを獲得したヴィジュアル系ロックバンド、シド

そのメインボーカルとして活躍しているのが、マオです。彼は、髪型を常に変えるだけでなく、個性的なファッションセンスも注目されており、彼のファッションを真似るコアなファンも多いほど。

今回は、マオのオフィシャル、プライベートそれぞれの服装を画像でご紹介します!

シドのボーカル「マオ」の私服編 その1

ここでは、マオの私服について見ていきましょう。

ジャケットと同色の帽子をキャップを合わせて、下半身もスキニータイプでタイトなイメージ。細身のマオの魅力全開ですね。

マオ曰く、この私服のジャケットの袖口がニットになっているそうで、そこがとても可愛くてお気に入りなんだそう。

シドのボーカル「マオ」の私服編 その2

また、マオがよく好んで身につけている私服と言えば、ファンならもうご存じの、長めのシャツやジャケットと帽子ですね。そんな彼の個性が発揮された私服がこちら。

全体的に黒で統一しながらも、インナーに少し長めのシャツを合わせることで太ももをかくし、よりスマートなスタイルを強調しているのだとか。

彼のセンスが垣間見えるコーデですね!

シドのボーカル「マオ」のライブ衣装編 その1

では、今度は彼の舞台での衣装を見てみましょう。

こちらは、2009年に開催された武道館公演での衣装。

ノースリーブ型の衣装は、どこか法被のような軽快さを感じさせる和風テイスト。

それに合わせるかのように頭に巻き付けた赤いはちまきが、彼の少年っぽさをより演出していて若々しさを感じさせていますね。

シドのボーカル「マオ」のライブ衣装編 その2

こちらの衣装は、2010年に開催されたシド初の東京ドームライブでの、マオの衣装。

ヴィジュアル系ロックバンドでありながらも、どこかファンタジーな雰囲気や和風テイスト溢れる衣装など、個性的な衣装を敢えて採用する点が、”シドらしさ”としてファンにも人気なんですが、赤い衣装と白いマントがファンタジーな雰囲気を醸し出していますね。

シドの他のオススメ記事

シドのマオによる私服やライブ衣装、いかがでしたでしょうか。

これらの画像からも伝わってくるように、マオの個性的でありながら一貫して伝わる彼のポリシーを持った衣装だけでも必見といえますね。ライブに参加しているファンの中には、マオの衣装がどんな物なのか?を見るために参加しているという人も多いと言われるほど。彼の衣装に興味や関心を持たれた方は、是非ライブに参加して生の彼らを体感してください。チケットキャンプでは、シドのライブチケットを取扱中です。ぜひチェックしてみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。