【SEX-ANDROID】活動休止までの軌跡を名曲と振り返る【セクアン】

SEX-ANDROID、通称セクアン。1995年から活動し数多くの名曲を発表してきた彼らも2017年に活動休止を迎えることとなりました。医者ROCK NEVER DIEを合言葉に精力的に活動してきたSEX-ANDROIDの歴史を、名曲とともに振り返ります。

活動休止を迎えるSEX-ANDROIDの歴史を名曲とともに振り返ります!

「医者ROCK NEVER DIE」を合言葉に、1995年から数多くの名曲を制作、その活動を続けてきたSEX-ANDROID、通称セクアン。そんな彼らですが、2017年7月19日のライブ、中野サンプラザホール「日本縦断単独ツアー’17 FINAL【 医者ROCK NEVER DIE 】」にて無期限活動休止を迎えることとなりました。1998年に自ら「医者ROCK」と名乗るようになり、ヴィジュアル系バンド事務所ART POP ENTERTAINMENTに所属したのが2004年。今回はART POP ENTERTAINMENT所属後、13年間の活動の軌跡を、SEX-ANDROIDのアルバム、名曲とともに振り返っていきます。

【そもそもSEX-ANDROIDとは】

1995年に結成されたヴィジュアル系バンド。結成当初はヴィジュアル系ではなくパンク系バンドでした。メンバー全員で衣装を統一したいという思いがあり、比較的安価に手に入る白衣を選択したことから「医者ROCK」が始まりました。その特徴的なメイクから白塗り系バンドに分類されています。「医者ROCK」を標榜してはいますが、曲や歌詞などに医者、病院等の要素は含まれません。音楽性はパンクロックやロカビリー、歌謡ロックを基調としています。

SEX-ANDROIDの楽曲には哀愁を感じさせるものが多くあり、例えばB面名曲集『B-BONUS-THEATER』に収録の「チェリーはご機嫌斜め」は八代亜紀「別れても好きな人」の歌詞がオマージュされています。ライブではボーカルYU-DAIが行う、脚立に乗ったりヌンチャクを振り回す、またメガホンを使用して歌唱する等のパフォーマンスが特徴的です。

メンバー

  • Vocal:YU-DAI(雄大)
  • Guiter:TφRU(透)
  • Bass:JUNRO(淳朗)

では、ここからSEX-ANDROIDの歴史を、名曲とともに振り返ります。

【お茶ノ間キラー】ジェット・スターダスト・キャバレー

曲はこちら

ART POP ENTERTAINMENTに所属後、2004年9月9日にART POP ENTERTAINMENTの内部レーベル「濱書房」より初のミニアルバム「アナログ病棟696」を発売。それから3年4ヶ月後、2008年1月16日に発売されたのが1stアルバム「お茶ノ間キラー」です。現在でもライブでお馴染みの「カミソリ2」「カミソリ3」や「スキマ産業狙イ撃チ」「ジェット・スターダスト・キャバレー」を収録。非常にパンク色の強いアルバムとなっています。

このアルバム発売の直前に池袋CYBER「SEX-ANDROID単独公演 中野医師会-年末大感謝祭’07-~セクアンの1stフルアルバム発売を祝う集い~」が行われており、SEX-ANDROIDが躍進を迎えた時期でした。「お茶ノ間キラー」発売後の2008年3月、毎春恒例となっているSEX-ANDROID単独ライブ「お花見キラー」が初めて開催されました。

「ジェット・スターダスト・キャバレー」はライブ終盤やアンコール時に演奏されることの多い定番曲。SEX-ANDROIDを表す際に使われる「歌謡ロック」という言葉が非常に似合う名曲です。

【平成・コトナカレ主義!】メンタル日和

曲はこちら

2009年10月14日に初回限定版A、初回限定版B、通常版の三種類で発売されたのが2ndアルバム「平成・コトナカレ主義!」です。前アルバム「お茶ノ間キラー」発売時との間に完売トラック集「完売トラック1.2.3-Mのアナログ狂い咲き-」を発売。また、2009年1月7日に発売されたシングル「姫ゴト」はオリコンでインディーズチャート1位を獲得。この頃からワンマンライブ、ツアーを多く行うようになり、白塗り系ヴィジュアルバンドとしての知名度を上昇させていきました。

「平成・コトナカレ主義!」は書き下ろし7曲を含めた全10曲。通常版にはSALLYのカバーソング「愛しのマリア」を収録し、その歌謡ロックの雰囲気は変わらないものの、少し甘めのポップスに近い楽曲が多めに収録されたアルバムです。

「メンタル日和」はPVも制作されているアルバムリードタイトル。過去の失恋を回想した心情が歌われています。SEX-ANDROIDが得意とする切ないメロディを中心とした哀愁歌で、季節物の歌ということもありライブで披露されることは少ないですが、夏の終わりにしっとりと聴きたい名曲です。

【ザ・ホワイト・ロックンロール・スウィンドル】嫌ってよ、モナムール

曲はこちら

2011年3月2日に3rdアルバムとしてリリースされたのが「ザ・ホワイト・ロックンロール・スウィンドル」です。このアルバムはオリコンインディーズチャート4位を獲得しました。SEX-ANDROIDは「平成・コトナカレ主義!」発売後の2010年10月6日にB面名曲集である「B-BONUS-THEATER」を発売。このアルバムの発売前日、2001年3月1日に、SEX-ANDROID -OFFICIAL SUPPORTER’S CLUB-「セクアンちゃん倶楽部」が発足されました。この年の3月11日に発生した東日本大震災により毎年恒例のライブ「お花見キラー」は中止となりましたが、同年七月に「お祭りキラー」として振替公演が行われました。また、このライブはSEX-ANDROID初のライブDVD「Live At The 医者ロック ~中野医師会-夏のお祭りキラー’11~」としてリリースされました。

「ザ・ホワイト・ロックンロール・スウィンドル」というアルバムタイトルは、パンクロックバンド「Sex Pistols」のドキュメンタリー映画「ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル」を捩ったものです。タイトルとは異なりアルバム内の楽曲はロックナンバーや、ポップス的なテイストが強く表れています。特に2010年の「お花見キラー」で限定配布された「暴動男(と書いてライオットマン)」「大人でポン」が収録されていることで話題となりました。

「嫌ってよ、モナムール」はアルバムに先行して発売されたシングルで、2010年のライブ「中野医師会年末大感謝祭」で初披露されました。「モナムール」はフランス語で、訳すと「愛しい人」を意味する言葉。許されることのない恋愛を歌った名曲です。恋心と不貞の板挟みの苦しさ、切なさが哀愁を持ったメロディと共に描かれています。

【医者ROCK NEVER DIE】高速バス

曲はこちら

2015年6月24日に20周年記念ベストアルバムとしてリリースされたのが「医者ROCK NEVER DIE」です。3rdアルバム発売以降、SEX-ANDROIDは最盛期を迎え、音楽性の幅も多様化し、コンセプトアルバムや他バンドとのコラボ作品など非常に多くの作品を発表しました。

「ザ・ホワイト・ロックンロール・スウィンドル」以降の主な作品一覧

  • 殺し屋ミルクちゃん:パンク色のコンセプトミニアルバム(2012年4月4日発売)
  • V-ANIME ROCKS evolution:ヴィジュアル系バンドによるアニソンカバーアルバム(2013年10月2日発売)
  • ギャクシンセサイザー!!:4thオリジナルアルバム(2013年10月30日発売)
  • 哀愁ディスコティック:哀愁歌謡に特化したコンセプトミニアルバム(2014年10月22日発売)
  • Acoustic Vol.1:TφRUとRIU(メトロノーム/Bass)によるアコースティックシングル(2015年5月16日発売)
  • 医者ROCK NEVER DIE:結成20周年記念ベストアルバム(2015年6月24日発売)
  • 君の名を刻もう:RIU(メトロノーム/Bass)のアルバムにYU-DAIがゲストボーカルとして参加(2015年7月26日発売)
  • クリィミー・スクリーミング!!:5thオリジナルアルバム(2016年3月9日発売)
  • Stratocaster:GuiterのTφRUによる加藤透としての1stアルバム(2016年9月14日発売)

数多くの作品を発表し、白塗りバンドとしての揺ぎ無い地位を確立してきたSEX-ANDROIDですが、2017年1月25日に突然の無期限活動休止を発表。中野サンプラザホール「日本縦断単独ツアー’17 FINAL【 医者ROCK NEVER DIE 】」をもって、その活動に区切りをつけることとなりました。しかしながら、活動休止を発表した後の2月12日にも怪人二十面奏とのコラボシングル「狂った過失」を発売する等、失速する気配は微塵も見られません。

「高速バス」は2013年の「お花見キラー」にて限定配布された音源で、ベストアルバム「医者ROCK NEVER DIE」にて2年越しに収録されました。「高速バス」はファンの間でも名曲だと名高い一曲ですが、その理由は歌詞にあります。というのも、この歌はバンギャルのことを歌っているからです。高速バス、夜行バスに乗りライブへ向かうバンギャの心情を歌ったこの曲は、遠征ギャの心に染みる名曲です。4thアルバム「ギャクシンセサイザー!!(通常版)」には、この曲のアンプラグドバージョン「高速バス2」が収録されています。

医者ROCKは永久不滅!

悔しくもYU-DAIの誕生日を迎える一月前、2017年7月でSEX-ANDROID(セクアン)は活動休止を迎えることとなります。しかし現在もSEX-ANDROIDは日本縦断単独ツアーを慣行中。>医者ROCK NEVER DIEの名の下にライブハウスを駆け抜けています。もう一度ライブへ行っておけばよかったと後悔する前に、是非SEX-ANDROIDのライブに参戦してみてください!

関連のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。