絶対聴いてほしい!Royzおすすめ楽曲ランキングTOP5!

3年連続、3度目の47都道府県ワンマンツアー「THE AXIA47 -RAVENS CALL-」前半戦が終了し、後半戦に向けてさらに盛り上がりを見せるRoyz。今ツアーは、Royzの確かな人気を物語っています。今回彼らの楽曲から、おすすめの楽曲をランキングでご紹介します。これからRoyzを聴くファンは必見ランキングです。

 Royzのおすすめ楽曲ランキング!

現在、3年連続となる47都道府県ワンマンツアー「THE AXIA47 -RAVENS CALL-」真っ最中のRoyz。5月31日の公演をもって前半戦が終了し、後半戦へ向けてますます盛り上がりを見せている中、5月12日に行われた大阪でのインストアイベントよりボーカルの昴さんが声帯治療のために休養を発表し、残されたメンバーは現在のツアーを3人で回りながら昴さんの復帰をファンと共に待ち続けていました。

この度、昴さんが6月11日の高松公演から復帰するとの嬉しい発表がありました。普段は歌うことのない楽器隊のメンバーたちが、昴さんが戻ってくると決まるこの時まで彼の居場所を守るように懸命に歌い、ライブを行ってきた姿は、ファンならずとも胸を打たれるものがあります。そんなメンバー愛に満ち溢れたRoyzがこれまでリリースしてきた楽曲の中から、ぜひ聴いて欲しいおすすめの楽曲をランキング形式でご紹介したいと思います。

5位:Emotions

まず5位は「Emotions」です。2015年11月25日にリリースされた己龍・コドモドラゴンとの合同シングル「FAMILY PARTY」に収録されています。

廃墟で楽曲を奏で歌い上げるMVはどこか妖しげで背徳的な雰囲気を漂わせていますが、少し重厚感のあるメロディーの中で感じる疾走感と楽曲のタイトル通り「感情」を揺さぶられる歌詞は、全体的に感じられるダークな雰囲気とは違って何か不安を抱えている気持ちを未来へ向けての前向きなものにしてくれます。

「Emotions」のリリースを発表した際、同時に発表されたビジュアルはアニメの「ミュータントタートルズ」を模したようなカメの衣装でした。もちろんこれは期間限定のことでありジョークではあったのですが、実にRoyzらしいユニークなものとなりました。実はカメの衣装で撮影した「Emotions」のPVも存在しているらしいとのことなので、興味のある方はぜひ探してみて頂きたいと思います。

4位:LILIA

2014年1月15日にリリースされた9thシングル「LILIA」が4位です。

この楽曲をリリースするまではいわゆるキラキラ系な楽曲が多いイメージのあったRoyzですが、ダークな曲調と歌詞に加えてヴァンパイアをモチーフとしたMVで作られた「LILIA」の世界は、これまでにリリースされているRoyzの作品の中ではあまり見られない、分かりやすいほどに耽美な世界が表現されておりヴィジュアル系がブームとなった90年代の古き良きヴィジュアル系というものを連想させます。

ヴィジュアル系を好む人の中には2000年代からヴィジュアル系のジャンルとして確立され始めたキラキラ系やオサレ系は好きになれない、一般の人もイメージするようなコテコテのヴィジュアル系以外はあまり聴かないという人も少なからずいますが、「LILIA」はそんな人たちが普段は聴く機会があまり無いであろうRoyzというバンドに触れるきっかけを作ってくれる楽曲だといえるのではないでしょうか。

3位:Tear drop

3位は2013年2月27日にリリースされた2ndフルアルバム「Tears」の表題曲である「Tear drop」です。

白と青が基調の衣装や真っ白い部屋に色とりどりの花を使うなど、全体的に明るい印象を受けるMVは現在までにリリースされている作品のMVと比較するとRoyzの中でも珍しいものだといえるでしょう。楽曲もアップテンポで明るい印象を受けますが、歌詞をよく見てみると実は切なさや哀しさが表現されたものであり、それを踏まえて聴いてみると所々にどこか切なくなるメロディーが入っていることが感じられます。

良い意味でヴィジュアル系らしくない楽曲といえますが、美しいメロディーに乗せて哀しさを秘めた歌詞が昴さんの澄んだ歌声で響いてきたならば、思わず聴き入ってしまわずにはいられない魅力に溢れた一曲です。

2位:恋花火

2位は「恋花火」です。元々は活動初期である2010年4月29日にリリースされた両A面1stシングル「春ノ夜ノ夢-恋花火」の1曲でしたが、2ndフルアルバムの「Tears」にアレンジバージョンが収録されました。1stシングルは既に完売している初期の作品ですので、アレンジバージョンではありますがアルバムに収録されたことで最近Royzを好きになったという人も聴くことが容易になっています。

楽曲の冒頭に花火の音が入っていたりどこかお祭りを彷彿とさせるメロディーであったりと、何だかワクワクとした気分になるような楽曲ではありますが歌詞を見てみると実は少し切ない乙女心が垣間見えます。切ない片想いを経験したことのある女の子は、共感できる部分の多い楽曲なのではないでしょうか。

「恋花火」は残念ながらMVが制作されていない楽曲ですが、もしMVを作るならどのようなものとなるのか想像してみると楽曲の世界をよりいっそう楽しめるかもしれませんね。

1位:Starry HEAVEN

Royzおすすめ楽曲1位となったのは「Starry HEAVEN」です!こちらは2012年6月27日にリリースされた6thシングルです。

この「Starry HEAVEN」と3thシングル「α」に収録されている「JOKER」、1stフルアルバム「Revolution to New AGE」に収録されている「ACROSS WORLD」は音楽ゲームのダンスダンスレボリューションに収録されており、ヴィジュアル系やRoyzをあまり知らないという方でもこの曲は知っているという方はいるかもしれません。

美しいメロディーと切なさを含んだ歌詞をまさしく宇宙のように壮大なMVが彩るこの楽曲は、当時のRoyzらしさを象徴するような楽曲だといえるのではないでしょうか。もちろんこの後にはそういったイメージに囚われない作品をどんどん発表していくのですが、Royzというバンドを知る上でのひとつのルーツとしてこの当時のRoyzらしさというものに触れてみて頂き、Royzが作る楽曲の幅広さというものを感じて頂けたらと思います。

Royzのこれからに注目!

今回、Royzのおすすめ楽曲を独自にランキングしましたが、これまでリリースされたシングル・アルバムには素敵な楽曲がまだまだたくさん詰まっています。これをきっかけとしてRoyzの楽曲に触れて頂き、自分のお気に入りの楽曲を見つけて欲しいと思います。

過去にはメンバーの急な脱退や体調不良による休養、今回の昴さんの声帯治療による休養も含めて、これまでにさまざまな試練が目の前にたちはだかってきたRoyz。それでも彼らはその度に自分たちに与えられた試練を乗り越えてきたからこそ現在の地位を確立し、同時にメンバー愛も育まれてきたのだと思います。

頼もしいボーカルである昴さんの復帰が発表され、晴れて4人揃ったRoyzが47都道府県ツアー怒涛の後半戦にどう挑んでいくのか、どのような姿をファンに見せてくれるのか期待が高まります。

関連おすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。