Plastic Tree チケット
Plastic Treeの真っ赤な糸 そのメイキング映像にも注目!

1997年にメジャーデビューを果たしたビジュアル系ロックバンド、Plastic Tree。ちょっと気怠い音楽に魅了されたビジュアル系ファンの方も多いのではないでしょうか。そんなPlastic Treeの作品の中から「真っ赤な糸」に注目します。

1997年にメジャーデビューを果たしたビジュアル系ロックバンド、Plastic Tree

グランジに影響を受けた、ちょっと気怠い音楽に魅了されたビジュアル系ファンの方も多いのではないでしょうか。ここではそんなPlastic Treeの作品の中からヒット曲である「真っ赤な糸」に注目してみたいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

Plastic Treeのヒット曲「真っ赤な糸」

真っ赤な糸(初回限定盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

Plastic Treeのヒット曲「真っ赤な糸」は、2007年5月16日に発売されました。
今作は両A面シングルとして発売され、「藍より青く」も一緒に収録されています。初回限定盤には「真っ赤な糸」のミュージックビデオが収録されたDVDも付属したことから、初回盤をゲットしようと予約をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

作詞は有村竜太朗、作曲は長谷川正による「真っ赤な糸」。続いては歌詞の世界に注目してみましょう。

Plastic Treeの「真っ赤な糸」の歌詞の世界

ここではPlastic Treeのヒット曲「真っ赤な糸」の歌詞を見ていきましょう。大切に想うあなたがいなくなって、これから独りで歩いていかなければならなくなった僕の気持ちを描いています。できればこんなにも辛い思いは誰もがしたくありませんよね。

「真っ赤な糸」

Plastic Treeの「真っ赤な糸」のミュージックビデオ

ここからはPlastic Treeの「真っ赤な糸」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのは「真っ赤な糸」のミュージックビデオです。フランジャーのかかったジェットサウンドのギターから始まる「真っ赤な糸」。

少し気怠く歌う有村竜太朗がとても魅力的に映っています。サビに入ると歪みギターに埋め尽くされたサウンドの壁、そこに光るクリーンサウンドを聴くことができます。美しいものとの対比がとても綺麗ですよね。

Plastic Treeの「真っ赤な糸」のメイキング映像

続いてご紹介するのは「真っ赤な糸」のメイキング映像です。

楽曲そのものも素敵ですが、その楽曲がいかにできたのか、どうやってレコーディングされたのかなどメンバーの素顔を知ることができます。手撮りのような撮影方法も生々しくて良いですよね。

ファンの方ならぜひ見ておきたい映像作品と言えるでしょう。後半で見られる有村竜太朗のインタビューも必見ですよ。チェックしてみてくださいね。

真っ赤な糸(初回限定盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

「真っ赤な糸」をチェックしたら、Plastic Treeのライブに行こう

Plastic Treeのヒット曲「真っ赤な糸」のご紹介、いかがだったでしょうか。自分たちのペースで活動を続けてきたからこそ、現在も活動を続けてこれているPlastic Treeの魅力が分かりますよね。チケットキャンプではPlastic Treeのチケットを取扱中です。気怠いながらも内に秘める熱さが素敵なPlastic Treeのライブをぜひ見てみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。