【NoGoD】初心者さんにおすすめしたい神曲・良曲10選

NoGoDとはHR/HM好きにもおすすめしたい、ヴィジュアル系バンドの中でも屈指の技術力・演奏力を誇るバンドです。暴れる曲から聴かせる曲まであるので、とにかく一度は触れてみてほしいバンドと言えます。この記事ではNoGoDを初めて聴くならおすすめの神曲・良曲をシングル中心に10曲まとめてみました!

NoGoDとは?

NoGoD(ノーゴッド)はハードロックやヘヴィーメタルを基調とするヴィジュアル系バンドで、Vo.団長、Gt.Kyrie、Gt.Shinno、Ba.華凛、Dr.Kからなる5人組です。2005年に団長が神の啓示を受けたことで「新興宗教楽団NoGoD」として活動を開始、2007年7月に前Gt.アキが脱退しShinnoが加入し現体制となりました。

精力的にCDリリースやライブ活動が行われ、2010年6月に12枚目のシングル「カクセイ」で、キングレコードよりメジャーデビューを果たしました。このメジャー移籍に伴いバンド名が「NoGoD」に改名され、現在に至ります。

メッセージ性の強い歌詞に、技術力の高い楽器隊の演奏と団長の透き通るようなハイトーンボイスが織りなすNoGoDの世界観は、今では海外からの人気も高いバンドとなっています。そして、ファンのことを信者、ライブを布教、曲を教えと呼ぶなどの特徴があります。

それではNoGoDの生み出す、おすすめの神曲・良曲10選まとめてチェックしてみましょう!

君に贈る不器用で身勝手な詩

「僕が死んだら泣いてください」という印象的なフレーズから始まる、この曲はNoGoDの初期からある曲で根強い人気を誇っています。非常に切ない歌詞とメロディーが心を締め付け、ライブで聴くと更に胸が熱くなってしまう神曲です。

2005年11月に布教会場限定でリリースされ、その後「天」や「INDIES BEST SELECTION 2005-2009」に再録されています。

優しいアコースティックギターのアルペジオから始まるこの良曲も、インディーズ時代に布教会場限定でリリースされた後に、ミニアルバム「四季彩」にてリメイクし再レコーディングされています(動画は再録バージョン)。

このミニアルバムはインディーズ時代の曲である「櫻」以外に「彩白」「あの日の空は極彩で」も再録し、新曲「千夜を越えて花束を」を書き下ろし四季がテーマにとなった一枚になっています。

愚蓮

リリース当時、特徴的な衣装と攻めのバンドサウンドのこの曲・PVで、NoGoDの存在を知ったという人も結構いるのでは?と感じられる「愚蓮」。初めて聴いて団長のハイトーンボイスに驚いた人も少なくないはずです。

収録されているアルバム「神無布教」は、cali≠gariの村井研次郎がサウンドアドバイザーになっています。

ノーゴッド

シングル「罰」のカップリングに収録されている「ノーゴッド」は、ライブのアンコールでもよく演奏されている人気高い良曲です。アルバム「INDIES BEST SELECTION 2005-2009」のB盤のメンバーセレクト集にも再録されています。

ちなみにNoGoDのライブでのアンコール時のかけ声は「ノーゴッド!」ですので、ライブ初参戦時は覚えておくといいかもしれません♪

最高の世界

イントロのギターから熱くなる「最高の世界」は、Aメロからサビへ心地良い疾走感が溢れています。歌詞もパワーをもらえる言葉になっていて、元気になりたい時にもおすすめしたい神曲です。NoGoD独特のメタルサウンドとヴィジュアル系らしいメロディーの融合が楽しめます。

2008年2月16日に会場限定リリースされたシングル曲で、ライブでも定番の一曲です。2008年4月9日リリースの1stフルアルバム「夢幻教」にも収録されています。

万黒深層大サァカス

2009年2月25日に発売されたアルバム「極彩色」に収録されている良曲で、初回盤にはPVもついています。改めてNoGoDの楽器隊のテクニックに脱帽します。

コミカルな動きをする団長やコーラスをする楽器隊メンバーも見ることができる、ポップなPVもぜひチェックしてみてください。

カクセイ

NoGoDのメジャーデビューシングルである「カクセイ」は、序盤から拳を振り上げたくなる勢いのあるサウンドとキャッチーなサビが特徴的な曲です。ギターソロ前の各楽器隊の見せ場も必見・必聴です!

団長のストレートで心強い歌詞にグッとくる一曲で、ライブでも人気の高い神曲です。メジャーデビューで露出が増えたことで「カクセイ」をきっかけに、V系以外のジャンルにもNoGoDを知る人が増えたように見受けられます。

神風

イントロから全力で攻めてくるのは、メジャーデビュー後3枚目のシングル「神風」です。イントロのギターでテンションが急上昇すること間違いなし、NoGoDのサウンドにガッチリ心掴まれてしまいます。まさに神曲です!

「カクセイ」よりも洋楽っぽいサウンドになっており、アルバム「現実」にはアルバムバージョンが収録されています。

STAND UP!

力強いサウンドとボーカルで、NoGoDらしいサウンドが展開されているのが「STAND UP!」です。NoGoDの持ち味である、ハードロックやメタルを基調にしながらもキャッチーであることが顕著な良曲です。

リリース当時の世相を反映しているのか、団長の“覚悟を決めて立ち上がれ”というメッセージが込められた力強い歌詞になっています。

Missing

「THE POWER」以降、約4年ぶりのシングルとなった「Missing」は、重厚なメタル調なバラードで新たなNoGoDに触れられます。団長のクリアでハイトーンな声が、胸にじっくり染みる良曲です。

ライブで定番となりつつある「桃源郷へようこそ」などのライブバージョンや新曲を含む、5曲入りのシングルとしてリリースされています。

NoGoDは神曲・良曲ぞろい!

なんと、2017年7月26日にはニューシングル「Arlequin(ハーレクイン)」をリリースするNoGoD。この夏は様々なライブイベントにも出演予定がありますので、要チェックです。また、2017年9月30日より横浜BAYSISを皮切りに「NoGoD TOUR-2017-AUTUMN – [ pruf ]」も決定していますので、信者初心者の人もぜひ、会場に足を運んでNoGoDの音を体感してみてください!

関連のおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。