雅-MIYAVI-  チケット
MIYAVI(雅)の驚異のギターテクニック!独特の弾き方 スラップに注目!

雅-MIYAVI-は、唯一無二のスタイルを貫くソロアーティストです。アコースティックギターをスラップという特殊奏法で鳴らし歌うことで知られています。そんな雅のギタープレイについて、詳しく見ていきましょう!

MIYAVI(雅)のギター情報まとめ

MIYAVI(雅)は、唯一無二のスタイルを貫くソロアーティストです。アコースティックギターをスラップという特殊奏法で鳴らし歌うことで知られています。ヴィジュアル系バンドDué le quartzの活動を経てソロアーティストとしてのキャリアを確立しました。

ソロとしての実績を積んだ後、単身渡米。ニューヨークにて約1年間留学し、帰国後に活動を再開してからは海外ツアーも積極的に行い、世界中から認められるアーティストになりました。最近は映画「無限の住人」の主題歌を提供することでも話題となっています。そんな雅のギタープレイについて、詳しく見ていきましょう!

雅がアーティストとしての新境地を見せた!

ギタリスト、ボーカリストとして長いキャリアを持つ雅ですが、「雅-MIYAVI-」と改名し所属レーベルEMIジャパンに移籍してから自身の新たな音楽スタイルを確立し評価されています。

アコースティックギター1本をパーカッシブに叩きながら歌い、サポートドラマーであるBOBOと2人で音楽を作り上げます。また、サンプラーを駆使しながら2人で演奏できる範囲で可能性を広げています。

雅が使うギターや機材を見てみよう!

雅がメインで使うアコースティックギターは「Taylor」というメーカーの出している「T-5」。

エレアコと呼ばれるギターを中心に生産する、アメリカの老舗ギターメーカーです。エレアコとはアコースティックギターにピックアップと呼ばれるマイクを搭載したものを言います。

アコースティックギターはエレキギターと違い、生楽器として演奏されることが多いですが、雅はこれをアンプに繋ぎ自分ならではのサウンドを作っています。ギターアンプではなくベースアンプに繋いで歪んだ音を出しています。

雅のギタープレイを真似してみよう!

雅のギタープレイはピックを使ってつま弾くスタイルではなく、スラップと呼ばれるギターを叩く奏法を駆使しています。また、スラム奏法と呼ばれるギターのボディを叩く音を加え、パーカッシブな音もプラスしています。

これらはかなりの高等技術ですが、雅は雑誌などを通してプレイを細かく解説しているので、ぜひチェックして真似してみましょう。独学で編み出したという「Gigpig」と呼ばれるギターとタンバリンを駆使した奏法でも話題になりました。

雅-MIYAVI-に関するこちらの記事もチェック☆

練習して身につけたい!雅のギターテクニック

一朝一夕で身につくようなテクニックではありませんが、ギター経験者のファンならMIYAVI(雅)のギターテクニックを身につけたいと思ったのではないでしょうか?
「サムライギタリスト」とも称されるの素敵なかっこいい楽曲を聴くのも楽しいですが、ギターにより着目して聴いたり、そのテクニックを練習するのも楽しいかと思います。そうすることで新しいMIYAVI(雅)の魅力が発見できるのではないでしょうか。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。