メトロノーム おすすめアルバムランキングBEST5!気になる1位はやっぱりアレ?

2009年に突然の活動休止を発表し、2016年、7年ぶりに活動再開を発表したメトロノーム。最新アルバム「CONTINUE」からベストアルバムまで、これまでメトロノームはアルバム10作品を発表しています。今回はその中から特におすすめの5作品をランキング形式でご紹介していきます。

復活を遂げたメトロノームのおすすめアルバムをランキングでご紹介!

2009年に突然の活動休止を発表し、2016年、7年ぶりに活動再開を発表したメトロノーム。活動再開に合わせてシングル「解離性同一人物」を発売、さらにその後10作目となるアルバム「CONTINUE」を発表。ヴィジュアル系とテクノポップを融合させた彼らの音楽は、さらにその幅を広げていこうとしています。今回はそんなメトロノームのおすすめアルバムを、ランキング形式でご紹介していきます。

【そもそもメトロノームとは】

1998年に結成されたヴィジュアル系ロックバンド。メンバー全員が黒と黄色がデザインされたツナギを着ており、黒を基調としたメイクを施しています。音楽性はテクノポップやニューウェイブ、パンクを基調としており、歌詞は自虐的でマイナス思考な傾向にあります。2009年5月31日に行われたライブ、渋谷C.C.Lemon ホールPlease Push Pause」にて無期限活動休止となりましたが、2016年5月31日に活動再開を発表。2016年9月19日、ZeppTokyo「Please Push Play」にて新生メトロノームとして初ライブを行いました。

メンバー

  • VOICECODER:シャラク
  • TALBO-1:フクスケ
  • TALBO-2:リウ

ではここからいよいよ、メトロノームのアルバムランキングを発表していきます。

【第5位】 『COLLECTION』

第5位にランクインしたのは、2008年9月3日に発売されたベストアルバム『COLLECTION』です。

活動休止が告知される半年前、メトロノーム結成10周年記念作品としてリリースされました。シングル&アルバムリードトラック集となっており、初めてメトロノームを聴くという方にとってもメトロノームというバンドの雰囲気が伝わるアルバムになっています。

また、直前に発売されたオリジナルアルバム『HIGH TO LOW ELECTRO』に収録されている3曲以外は全て再度レコーディングされた新録バージョンです。『HIGH TO LOW ELECTRO』に収録されている3曲は全てライブバージョンでの収録となっている為、メトロノームのライブの空気を感じたいという方にもぴったりのアルバムとなっています。

ライブバージョンで収録されている曲

  • 「たわいないトワイライト」
  • 「ぞんび君」
  • 「ボク偉人伝」

【第4位】 『不機嫌なアンドロイド』

第4位にランクインしたのは、2002年1月11日に発売された1stオリジナルアルバム『不機嫌なアンドロイド』です。

メトロノームはこのアルバムを発売するまでに4作のシングルを発表していますが、『不機嫌なアンドロイド』に収録されている楽曲は全て、それらのシングルに収録されていない新曲となっています。

このアルバムの注目ポイントは、ベストアルバムにも収録されていない4曲が入っていることです。特に三曲目の「アクアリウム」はメトっ子(メトロノームのファン)の間でも名曲と名高い楽曲である為、メトロノームを知るにあたり是非聴いていただきたい一曲です。

このアルバムの『COLLECTION』『COLLECTION2』未収録曲

  • アクアリウム
  • ギミックス
  • 変声期
  • 夢で逢えたら
  • パパパラノイア(『COLLECTION2』にライブバージョン収録)

 

【第3位】 『COLLECTION2』

第3位にランクインしたのは、2008年10月22日に発売されたベストアルバム『COLLECTION2』です。

こちらも「COLLECTION」と同じく、メトロノーム結成10周年記念としてリリースされた作品です。『COLLECTION』がシングル&アルバムリードトラック集となっているのに対し、『COLLECTION2』はメトロノームのメンバーがセレクトした楽曲が収録されています。メトロノームの特徴である「内向的」「自虐的」な楽曲が詰め込まれたアルバムで、ライブバージョンの楽曲も6曲収録されています。

メトロノーム唯一のヴィジュアル系らしい楽曲と呼ばれる「薔薇と紅蓮」はこの『COLLECTION2』か『サイクルリサイクル(通常版)』にしか収録されていません。マイナス思考な歌詞ながらもポップな曲調を重ねるメトロノームの楽曲の中で、暗い歌詞におどろおどろしい音楽を合わせた「薔薇と紅蓮」は是非聴いていただきたい名曲です。

ライブバージョンで収録されている曲

  • 「パパパラノイア」
  • 「8bitガールズブラボー」
  • 「ハーメルン」
  • 「めんどくさい」
  • 「魔法」
  • 「MATSURI」

【第2位】『LIFO』

第2位にランクインしたのは、2004年11月17日に発売された4thオリジナルアルバム『LIFO』です。

このアルバムはシングル『一週間』『コンピュータ』に続く、三か月連続リリースの第三弾として発表されました。このアルバムの注目ポイントは、『COLLECTION2』にライブバージョンで収録されている「魔法」のオリジナル版を聴くことが出来る点です。

この曲は2016年9月19日に行われた活動再開ライブ、ZeppTokyo「Please Push Play」の二日後のライブ、池袋CYBER「致死量フリーク 症例・々」でシャラクが歌っている最中に泣いてしまったことが知られています。シャラクが活動再開にあたりどのような気持ちで「魔法」を歌ったのか。「魔法」は、ボーカリストであるならば消し去ることのできない不安が綴られた名曲です。

このアルバムの『COLLECTION』『COLLECTION2』未収録曲

  • 魔法(『COLLECTION2』にライブバージョン収録)
  • カラクリ
  • クラスター
  • トワノ叫ビ
  • 遥か永久に
  • 低俗にして通説

【第1位】 『CONTINUE』

第1位に選ばれたのは、2017年3月25日に発売されたメジャーファーストアルバム『CONTINUE』です。

再結成に合わせレーベルをART POP ENTERTAINMENTからKING RECORDSへ、メジャーデビューを果たしたメトロノーム。メジャーデビューシングル『解離性同一人物』を含む12曲が収録されたアルバムです。シャラク、フクスケ、リウが作詞作曲を行った曲がバランスよく収録された、メジャーデビューアルバムに相応しい作品になっています。

『CONTINUE』で特におすすめしたい楽曲が「形而上気分でRock’n Roll」です。この曲はメトロノームと交流のあったヴィジュアル系バンド「グルグル映畫館」の楽曲のカバーです。グルグル映畫館は1995年に結成。精力的に活動を続けていましたが、2012年にメンバーの体調不良を理由に閉館(活動休止)。2013年8月12日にボーカルの天野鳶丸が死去し、その活動に幕を閉じることとなりました。

「形而上気分でRock’n Roll」はグルグル映畫館の原曲をもとにしながらも、メトロノームらしさを全面的に押し出した楽曲となっています。グルグル映畫館を知っている方にも知らない方にも、是非聴いていただきたい一曲です。

「メトロノームだ!」がまた聞ける!

メトロノームのアルバムランキング、いかがだったでしょうか。ヴィジュアル系を代表するピコピコ系バンド、メトロノーム。7年ぶりの活動再開により、彼らのライブが始まる時のお馴染みの掛け声「メトロノームだ!」をまた聴くことが出来ます。是非新生メトロノームの演奏をライブで体感してみてください。

関連のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。