【永久保存版】MERRYのライブ定番曲、服装、ノリまとめ!

2001年に始動したMERRYはアングラ、哀愁レトロ、ロックの要素を混ぜ合わせた独自の音楽性を確立し、唯一無二の個性で今なお進化し続けている実力派のバンドです。ライブ初心者だけどMERRYのライブに行きたい!という方向けに、ライブ定番曲、服装、フリ、ノリをまとめてみました!是非こちらで予習をしてライブを楽しんできてください!

MERRY(メリー)のライブに行ってみたい!

2001年に始動したMERRYはアングラ、哀愁レトロ、ロックの要素を混ぜ合わせた独自の音楽性を確立し、唯一無二の個性で今なお進化し続けている実力派のバンドです。2012年にはVo.ガラの椎間板ヘルニアの手術、Ba.テツの頸髄損傷と立て続けにアクシデントに見舞われ、一時活動休止していましたが、現在は両者とも無事復帰を果たし、精力的に活動を続けています。

結成15周年を迎えた2016年には品川ステラボールで二部制ライブを行い、一部はしっとりとしたバラード中心、二部は激しいサウンドの曲と、バンドの魅力を両面から楽しめる空間を作り出し、2017年5月5日にはMERRYの思い出の地でもある日比谷野外音楽堂でワンマン公演を大成功させました!

結成当初から多くのファンに熱く支持されているMERRYですが、「ライブに行ってみたい!」「でも雰囲気やノリがわからないから少し不安…」という人もいるのではないでしょうか?そんな方もこの記事を読めば大丈夫!定番曲やライブのノリの解説から、ライブにおススメの服装までまとめてみました!安心してMERRYのライブを楽しんできてくださいね♡

ライブはとにかく激しいロックノリ!

汗だくになって拳を突き上げる!

始動当時のMERRYはとにかくアングラの要素が強く、Vo.のガラは墨を吐いたり下着に手を突っ込んだり、Dr.のネロは卵を口から吐き出したり…と思わず客席もドン引きしてしまうようなパフォーマンスが満載でしたが、最近はロックバンドのような激しいライブを展開している様子!

拳を突き上げたり、ガラの煽りに合わせて声を出したり、ジャンプしたりといったノリが多いようです。狭いライブハウスでの公演も多いので、客席は前後左右の人と密着することもありますが、それもまたライブの醍醐味!是非汗だくになってはっちゃけてみてください!

MERRYファンのライブの感想

予習するならコレ!定番曲一覧♬

定番曲① ジャパニーズモダニスト

高確率で演奏される定番曲の一つが2004年に発売した2nd Alubumに収録されている「ジャパニーズモダニスト」です。メンバーのコーラスに合わせて「GO MAD!」と叫びながら拳を挙げてジャンプ!そのあとも休む間もなく両手を挙げて「ウォー!」と叫びます!メンバーとフロアの一体感がとても気持ち良い曲です。細かいフリや周りを気にせずに、思い切り曲のノリに身を任せて叫び、汗をかきましょう!

サビではファンが合唱する部分もあるので、歌詞も覚えておくと更に楽しめますね!

定番曲② バイオレットハレンチ

始動当初からずっと演奏されているMERRYのド定番曲がこの「バイオレットハレンチ」です!MERRYといえばこの曲を連想する人も多いのではないでしょうか?ガラが股間を触ったり下着の中に手を入れたりと曲名の通り「ハレンチ」な動きをして、ハチャメチャになってしまう曲です!(笑)ガラに負けないくらい、暴れて楽しんじゃいましょう!

イントロの怪しいギターのリフではひたすらジャンプ!サビでは前の方にいる場合は「cosmic!」と叫びながら逆ダイ!後ろの方にいる場合はメンバーに見えるくらい高くジャンプしましょう!

定番曲③ 絶望

2011年に発売された「Beautiful Freaks」に収録されている「絶望」はとにかく一度聴いたら耳から離れない中毒性のある危険な曲!ガラの煽りに合わせて「絶望!絶望!絶望!」と叫びながら拳を突き上げましょう!メンバーのテンションも最高潮に上がるため、それに合わせて大きな声で叫ぶと楽しいです。

繰り返しの多い曲でノリも簡単なので、初めての人でも絶対に盛り上がれる曲です!

服装はTシャツ+スニーカーが基本スタイル!タオル+ラババンも必須アイテム!

超激しいMERRYのライブはとにかく暑いです!そのため、Tシャツ+スキニーなどの動きやすいパンツの組み合わせの服装が定番!ニットなどの熱のこもる服はNG。レース・スタッズ・スパンコールなどの飾りがついているものも、暴れているうちに取れてしまうこともあるので、避けたほうが無難です。靴はスニーカーの人がほとんどです。ヒールのあるもの、脱げやすいサンダルなどは危険なため避けましょう。

ライブ終わりは必ず汗だくになり、メンバーが水をかけてきたりすることもあるのでタオルも必須アイテム!ライブ中は邪魔なので首にかけておくと便利ですよ。

また、MERRYのグッズにあるラバーバンドをつけておくと拳をあげたときに目に入ってテンションがあがります!会場で事前に買っておきたいアイテムの一つですね。TシャツやタオルもMERRYのグッズで揃えれば、もう準備万端です!

MERRYのライブでフリってあるの?

歌詞に合わせた細かいフリはほとんどなく、拳や手を挙げる、ジャンプなどの大まかな動きが出来れば十分楽しめます!近くの人やメンバーの煽りに合わせて動きましょう!

サビなどで手扇子をする曲が幾つかあるので、マスターしておくと更に楽しめるかもしれません!手扇子は両手をステージに差し出すように挙げて、手首を返しながら滑らかに動かします。ヴィジュアル系特有のノリですが、客席皆でやると一体感がありますよ!

MERRYでは「首吊りロンド」のサビなどでやるので、是非次の動画でライブ前に一度チェックしてみてください!0:48辺りからの客席の手の動きに注目です。

MERRYのもう一つの魅力はバラード!

激しいMERRYのライブですが、バラード曲も素晴らしいんです!ガラの少し掠れたような切ない声はまさに唯一無二のMERRYの財産!女性目線の失恋ソングを歌わせたら右に出るものは居ない程、曲の世界観に引きずりこむような魅力的な声なんです。

中でもメリーの名バラードと言われた曲が「さよなら雨」です。ビクターエンタテイメントに移籍してから初めてリリースしたシングル曲で、オリコンチャート初登場24位にランクインしました。歌詞にはガラの得意技である言葉遊びがふんだんに詰め込まれており、曲調はガラの声音にぴったり合う、切なく哀愁漂うものになっています。

MERRYのライブに行ったら是非バラード曲もしっかりと聴いて、世界観に浸ってみてくださいね!

ライブ自体が初めてでも前に行って大丈夫?

MERRYに限らず、ライブハウスでライブを見るのが初めてという人は、始めのうちは壁際、もしくは後ろのゾーンに居てまずは様子見から始めるのが良いでしょう。逆ダイ、モッシュなど他のファンと身体をぶつけ合うノリ方があるため、初めはその輪の中には入らずに見学することをお勧めします。少し様子を見て、「大丈夫そう!」「楽しそう!」「やってみたい!」と思ったら思い切って参加しましょう!

もし様子を見て、「自分には向いてないかも…」「体力に自信がない」という人は、無理せずに後ろに下がって見るのが良いでしょう。ノリに混ざる気がないのに前のゾーンにいると、ノリに巻き込まれてしまったり、怪我をする原因になるので危険です。MERRYのライブはどこにいても楽しめるので、安心して後ろに下がりましょう!

予習はこれでOK!MERRYのライブに行こう!

MERRYは今年9月から2018年2月にかけて47都道府県を巡る、超ロングワンマンツアーが開催されることが発表されています!今からとっても楽しみですね!ライブのノリ、定番曲、服装、フリをおさえたらもう準備OK!是非MERRYのライブを見て、その魅力を生で体感してみてくださいね♡

関連のおススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。