LUNA SEAのTONIGHTを聴いたら今夜は眠れない!?

2010年に活動再開をしたロックバンド、LUNA SEA。彼らの作る独特なゴシックな世界観は多くの音楽ファンを虜にしてきました。

2010年に活動再開をしたロックバンド、LUNA SEA

彼らの作る独特なゴシックな世界観は多くの音楽ファンを虜にしてきました。その音楽性の高さから、ミュージシャンズミュージシャンにあげられることも多いですよね。

ここではそんなLUNA SEAのヒット曲の中から、「TONIGHT」に注目したいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

LUNA SEAのヒット曲「TONIGHT」

LUNA SEAのヒット曲「TONIGHT」は、2000年5月17日に発売されました。

当時、終幕する前に発売された後期の楽曲。『LUNACY』の先行シングルとして発売されました。

ベーシストであるJが原曲を手がけていることもあり、疾走感溢れるストレートなロックナンバーに仕上がっています。また、カップリングには「be gone」「be in agony」の2曲を収録。どちらもぜひ味わいたい楽曲と言えるでしょう。

LUNA SEAの「TONIGHT」の歌詞を見てみよう

ここではLUNA SEAの「TONIGHT」の歌詞を見ていきましょう。

いかにもJの原曲らしいストレートな言葉ですよね。男気溢れる彼らの姿勢が伝わってきます。

望むものならすべてを出し切って手に入れる。そんな姿勢が大切なのかもしれません。

「TONIGHT」

LUNA SEAの「TONIGHT」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはLUNA SEAの「TONIGHT」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのは、ミュージックビデオです。INORANによるギターリフが印象的ですよね。

リズムにフックを与えるというのも彼らの得意技のひとつと言えます。声を枯らして歌ったRYUICHIのボーカル、ぜひ聴いてくださいね。

LUNA SEAの「TONIGHT」のライブ動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、「TONIGHT」のライブ動画です。

同じフレーズを繰り返すINORANのギター、痺れますよね。楽曲に彩りを与えるSUGIZOのギター、ボトムスを支えるJのベース、楽曲を引っ張っていく真矢のドラム、どれもが輝いています。

ライブ動画を見ているとライブに行きたくなってきませんか!?

LUNA SEAのおすすめライブ記事もチェック☆

LUNA SEAのライブに行こう!

LUNA SEAの疾走感溢れるロックナンバー「TONIGHT」のご紹介、いかがだったでしょうか。終幕前の彼らの輝きが伝わったのではないでしょうか。チケットキャンプではLUNA SEAのチケットを取扱中です。活動再開後、今まで以上に精力的な活動を見せるLUNA SEA。ぜひ彼らのライブに行ってみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。