スレイブたちに学ぶ!LUNA SEAのライブに行く前に知りたい3つのマナー

LUNA SEAは黒夢とともに、1990年代にヴィジュアル系ブームを作り上げたモンスターバンドですが、マナーはかつてのLUNA SEAのライブマナーとかなり変わっています。本日はそのマナーについて調べてみたいと思います。

LUNA SEA黒夢とともに、1990年代にヴィジュアル系ブームを作り上げたモンスターバンド。

ただしヴィジュアル系の範疇では収まりきれない多彩な楽曲も生み出し、ヴィジュアル系と考えずに純粋にロックバンドとして好んでいるファンも多いので、かつてのLUNA SEAのライブマナーと現在のそれではかなり変わっています。

もともとの熱狂的なファンはSLAVE(スレイブ)と呼ばれ、自発的に会場のゴミを拾って帰ったりとマナーの良さには定評がありました。現在でも、基本的には彼女たちの心がけていたスピリットを受け継いでおけば間違いないと思います。

LUNA SEA・ライブで押さえておきたいマナー その1●ゴミを散らかさない

「I For You」

こうした臨場感あふれるライブに参加するにあたって、心の底から楽しみたいものですが、やはり周りの人に迷惑をかけないようにするのがマナーです。

かつてSLAVEが中心にLUNA SEAのライブで心がけていて有名だったのは、ライブ終わりにゴミを集めて持ち帰り、会場を散らかさないようにしていたこと。ライブハウス時代からの伝統で、次からそのハコ(会場)を使用できなくなると困る、というところからの行為でした。

現在でもそうした習慣は一部残っているようですが、せめて自分で出したゴミは持ち帰りましょう。

LUNA SEA・ライブで押さえておきたいマナー その2●コスプレ・フリ

ヴィジュアル系シーンまっただ中で君臨していた頃のLUNA SEAには、楽曲ごとに決まったフリがあったり、ヘアスタイルを含めメンバーに合わせるコスプレをしている人が大挙して押し寄せていましたが、現在のLUNA SEAのライブではそうした習慣は必須ではありません。

事前にDVDなどで予習してフリをマスターしていっても楽しめますが、必ずしも全員がやるものでもないので、あまり気にしなくても大丈夫。活動期間が長いため、その当時のフリを知らなくても十分に楽しめます。

ただスタンディングでないにしろ、立ったままの鑑賞が多くなると思うので、ヒールの高い靴は避けたほうが無難です。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。