V系伝説ユニット 黒夢の大ヒット曲「少年」

今ではゴールデンボンバーが活躍していることによって知名度も高いヴィジュアル系=V系。そもそもの元祖はX JAPANだけれど、1990年代半ばにもLUNA SEAとともにネオV系ムーブメントを生んだのが二人組男性ユニット「黒夢」。今回そんな黒夢の中でも最も売れたシングル曲で代表曲「少年」をご紹介します。

今ではゴールデンボンバーが活躍していることによって知名度も高いヴィジュアル系=V系。そもそもの元祖はX JAPANだけれど、1990年代半ばにもLUNA SEAとともにネオV系ムーブメントを生んだのが二人組男性ユニット「黒夢」。

人気の出始めはLUNA SEAも黒夢もインディーズバンドであり、それなのに次々とオリコンチャートのトップをゲットして日本の音楽シーンを激震させたんです。

今回紹介する「少年」はそんな黒夢の中でも最も売れたシングル曲で代表曲です。

もともとは3人だった黒夢

黒夢というと最初からヴォーカルの清春、ベースの人時の2人体制だったと思われがちですが、元はギタリストも存在して3人のバンドでした。ただ人気が急上昇する一方でギタリストが音信不通になり、2人での活動を余儀なくされたのが本当のところ。当時の清春はテレビ番組で「だってあいつ(スタジオに)来ねえんだもん!」と2人組体制になったいきさつを語っていました(笑)

そうこうしておどろおどろしいV系スタイルだった音楽性も、清春の発言力が強くなり、しだいにポップ性を高めていきます。何しろ当時の雑誌のインタビューでは最も影響を受けたアーティストに「沢田研二」を上げていたほど。

ロックでありつつもポップスとしても成立させたいという清春の思い、ヒット曲を生みたいという思いが結実した記念すべき作品がこの「少年」(1997年)なのです。現在でも清春のライブで歌われるほど知名度も人気度も高い名曲になっています。

ヒリヒリとした感情が伝わる「少年」の歌詞

ここでは「少年」の歌詞を見ていきましょう。

どうですか、冷たい都会の人並みの中で狂気をはらませ、育てずにはいられなくなる追い詰められた少年の心情が見事に描かれていると思いませんか?

「少年」の名曲ぶりを高めた清春のシャクリ唱法

少年が収録された「Headache and Dub Reel Inch 2012.1.13 Live at 日本武道館」初回生産限定盤) [DVD]をAmazonでチェック!

「少年」といえばCMソングにもなってさかんにオンエアされたサビの部分が印象的だと思います。

ここですね。ここのうわずってしゃくり上げるこの歌い方、今人気のあるヴィジュアル系のヴォーカリストのほとんどが何かしらの影響を受けていると言われる清春の独特の唱法です。

おそらく……、この歌い方でなくては、この曲はヒットしなかったのではないでしょうか。

▶︎少年が収録された「Headache and Dub Reel Inch 2012.1.13 Live at 日本武道館」初回生産限定盤) [DVD]をAmazonでチェック!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。