KISS(キッス)のギタリスト・ポールスタンレーの使用ギターまとめ♪人気のギターも登場!

代表的なヘヴィメタルバンドとして知られるKISS(キッス)。白塗りに黒のデザインメイクは、日本にも強烈なインパクトを与えました。メンバーが60歳を超えてもなお衰えないパフォーマンスを支えるのは、ボーカルでKISS(キッス)を立ち上げたメンバーのポールスタンレー!定期的に再来日をしているKISS(キッス)ですが、ぜひライブでも注目してほしい、ポールスタンレーの使用ギターについて、今回はご紹介します。代表的なポールスタンレーの使用ギターを、ギターの歴史とともにご覧ください。

伝説的バンドKISS(キッス)のポールスタンレーが使用するギターをチェック!

白塗りメイクの強烈なビジュアルが特徴的な、ヘヴィメタルバンドのKISS(キッス)。バンドの創設者であり、ギターボーカルをつとめるメンバーといえば、「スターチャイルド」ことポールスタンレーですね。

ライブでは破壊的なパフォーマンスでも知られるポールスタンレーですが、ボーカルに負けないギターテクもまだまだ健在!そこで今回は、2018年に再来日が決定しているKISS(キッス)のポールスタンレーの使用ギターについてご紹介します!

KISS(キッス)ポールスタンレー使用ギターその1「ワッシュバーン」

KISS(キッス)のポールスタンレーが使用しているギター、1つ目はワッシュバーン社製のモデルギターです。

ワッシュバーンは、アメリカのシカゴで1883年に創設された、歴史の長いギターブランド。ポールスタンレーはワッシュバーンで自身のモデルギターを制作しており、1995年リリースしたモデルギターPS10や人気モデルPS1800など、さまざまなモデルギターを送り出してきました!

モデルギターにはKISS(キッス)でのポールスタンレーのメイクを連想させるペイントがされていたりと、クールなデザイン性もポイントですね。

KISS(キッス)ポールスタンレー使用ギターその2「フライングV」

KISS(キッス)のポールスタンレーが使用しているギター、2つ目はギブソン社製のフライングVです。

現在は有名なギターとして人気が高いフライングVですが、1958年の発売当初はそのデザイン性が受けず、生産中止に追い込まれるほどでした。1967年にリニューアルして再び発売されると、ジミヘンドリクスなどの有名アーティストが使用したことで人気が高まったフライングV。

KISS(キッス)のポールスタンレーは、1958年に98本のみ生産されたモデルに加え、ジョーサトリアーニのモデルギターを使用しているようですね。

KISS(キッス)ポールスタンレー使用ギターその3「エクスプローラー」

KISS(キッス)のポールスタンレーが使用しているギター、3つ目はギブソン社製のエクスプローラーです。

エクスプローラーは当初フューチュラの名前で、フライングVとともに1958年に発売されましたが、変形ギターであるデザイン性が当時は受けず売上は伸びませんでした。ですが、70年代にかけてヘヴィメタルバンドなどが使用したことで人気が高まり、1975年から再販された経歴があります。

KISS(キッス)のポールスタンレーは、1976年製のホワイトボディのエクスプローラーを使用しています。

ISS(キッス)ポールスタンレー使用ギターその4「アイバニーズ」

KISS(キッス)のポールスタンレーが使用しているギター、4つ目はアイバニーズのモデルギターです。

アイバニーズは日本の星野楽器によるギターブランドで、1929年にブランドの元となるギターの生産を開始しています。1970年代にはポールスタンレーはじめ、さまざまなモデルギターが発売されるようになり、世界的に知られるギターブランドとして成長を遂げました。

KISS(キッス)のポールスタンレーはアイバニーズのモデルギターを使用しており、近年ではガラスが割れたようなボディデザインが斬新なPS1CMを発表。ポールスタンレーの破壊的なパフォーマンスを象徴するギターとして、ファンに印象を与えました。

KISS(キッス)のライブでは、ポールスタンレーの使用ギターにも注目!

(出典:Photo ACより)

近年では、ももいろクローバーとコラボをするなど、日本でも人気のバンド・KISS(キッス)。今回は圧倒的なボーカルとギターで魅了するメンバー、ポールスタンレーの使用ギターについて、代表的なギターをまとめてご紹介しました!

KISS(キッス)のライブでは、いまだパワフルなボーカルとギタープレイを見せてくれるポールスタンレーですが、再来日の際にはぜひ使用しているギターにも注目してみてくださいね!

KISS(キッス)のおすすめ記事はコチラ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。