己龍の単独公演&ツアー「百鬼夜行」の見どころとは?

「和製ホラーバンド」のコンセプトを掲げる、ヴィジュアル系ロックバンド「己龍」。己龍の単独公演「アルバムコンセプトツアー」、そして単独巡業「百鬼夜行」が近づいてきました。己龍ファンなら絶対に見逃せない単独公演、単独巡業の見どころを紹介したいと思います。

「和製ホラーバンド」のコンセプトを掲げる、ヴィジュアル系ロックバンド「己龍」。己龍の単独公演「アルバムコンセプトツアー」、そして単独巡業「百鬼夜行」が近づいてきました。己龍ファンなら絶対に見逃せない単独公演、単独巡業の見どころを紹介したいと思います。

「和製ホラーバンド」己龍の魅力とは?

「和製ホラーバンド」を楽曲コンセプトに掲げる己龍の魅力といえば、和のテイストを取り入れた艶やかな楽曲、衣装などがあげられますが、一番の魅力は他のアーティストに勝るとも劣らない「ファンを大切にする姿勢」ではないでしょうか。

己龍の5人のメンバーは、全員ブログを持ち、頻繁に情報の発信をしています。そしてなんと、こちらはすべて本人たちが更新しているとのこと。こういった、ある意味「地道」ともいえる活動の積み重ねも、己龍が支持される理由のひとつなのかもしれません。

己龍単独公演「アルバムコンセプトツアー」に注目!

さて、そんな己龍の単独公演「アルバムコンセプトツアー」が、6月3日の福岡を皮切りに名古屋、仙台、東京(赤坂)の全国4ヶ所で行われます。公演名にはそれぞれ「暁歌水月」「朱花艶閃」「夢幻鳳影」「明鏡止水」と過去に発売されたアルバムのタイトルがつけられているこの単独公演。

「アルバムコンセプトツアー」の名の通り、過去のアルバムに収録されている曲の演奏を聴き、当時の衣装を見ることができる貴重なツアーです。長らく己龍を応援しているファンも、そして己龍を知ったばかりのビギナーも、きっと楽しめるツアーになることでしょう。己龍のこれまでの歴史をふり返りつつ、その独特な世界観に酔いしれてください。

己龍単独ツアー「百鬼夜行」も見逃せない!

そして「アルバムコンセプトツアー」終了後の6月29日からは、己龍単独巡業「百鬼夜行」がスタート。5枚目のフルアルバムとなる、同名のアルバム『百鬼夜行』がツアー初日に発売されることも決定しています。

今回の己龍単独巡業「百鬼夜行」は、6月29日(水)の渋谷TSUTAYA O-EASTからはじまり、2ヶ月かけて全国をまわります。また、8月3日(水)に静岡県浜松市の「浜松窓枠」で行われる公演は、当日がギターを担当している己龍のリーダー・九条武政の誕生日ということで、「~九条武政生誕祭~」というサブタイトルがつけられています。

己龍単独ツアー「百鬼夜行」千秋楽は、記念すべき通算400回目の単独公演!

この己龍単独巡業「百鬼夜行」ですが、8月29日(月)の千秋楽は、記念すべき通算400回目の単独公演となります。

単独公演100回目、200回目の記念公演を川崎クラブチッタで、そして300回目の記念公演を中野サンプラザで行った己龍が、400回目の単独公演に選んだ会場は、なんと日本武道館!己龍が日本武道館で公演を行うのは、2015年7月に行われた己龍47都道府県巡業「龍跳狐臥(りゅうちょうこが)」の千秋楽以来、1年1ヶ月ぶりとなります。前回の武道館公演同様に豪華なセットと楽曲に合わせた照明や演出を見ることができるのでしょうか。

単独公演&ツアーで己龍に会える日を楽しみに待とう!

己龍単独巡業のツアー名にも使われている、ニューアルバムのタイトル『百鬼夜行』とは、鬼や妖怪の群れの行進を指す言葉です。今回のアルバム『百鬼夜行』は、メンバーの酒井参輝いわく、「聞き込むほどに抜けられなくアルバムになる」とのこと。己龍が最新アーティスト写真で披露している妖怪の姿のように、不思議な魅力があふれる曲たちを楽しめるのでしょうか。ニューアルバム『百鬼夜行』の完成を楽しみに待ちましょう。

アルバム『百鬼夜行』の発売が待ちきれない方は6月3日からはじまる「アルバムコンセプトツアー」で己龍に会いにいきましょう。「和製ホラーバンド」己龍の魅力を、ライブで思う存分楽しんでください。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

己龍のオススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。