【2017年最新版】己龍・黒崎眞弥の髪型、セット方法をまとめてご紹介!

日本的な美しさが特徴である己龍のボーカルである黒崎眞弥さん。そんな黒崎眞弥さんの髪型を真似したい!というファンの方も少なくないはず。そこで今回は、己龍・黒崎眞弥の髪型やそのセット方法をまとめてご紹介致します!

己龍が持つ独特の美しさ!

47都道府県単独巡業「傀露蒿儡」も残すところ千秋楽のみとなった己龍。和製ホラーをコンセプトとする己龍独特の妖しさと美しさを貫きながら、10年目を迎えた現在も精力的に活動しています。

彼らが活動を続けていく中でファッションやメイク、髪型など彼らのビジュアルを真似したいと思ったファンは数多くいることと思います。そこで今回は、己龍のヴォーカルである黒崎眞弥さん風の髪型にするにはどうしたら良いかを画像と共にご紹介したいと思います。

どうやってセットする?

何が必要?

髪型のセットにも道具は必要です。まずはV系のセットをするならこれは揃えておきたいものをご紹介します。

  • コーム
  • ワックス
  • ヘアスプレー
  • ヘアアイロン

コームは逆毛を作る時に使います。最近では逆毛を作るためのコームも売っているので、それを使ってみるのもいいかもしれません。ワックスやヘアスプレーは髪質に合ったものを見つけるのが一番です。しかしヘアスプレーに関しては、V系バンドマンがよく使うものとして「VO5」という商品が有名ですのでまずはこちらを使ってみてはいかがでしょうか。

必ずしもこれらの道具をすべて使うわけではありませんが、揃えておいた方がいざセットを始めた時に困らなくて済むのではないかと思います。

セットの仕方は?

次に具体的なセットの仕方です。しかし髪型も、メイクと同じく楽曲によって変化しますので、基本的な形を作ってみましょう。

まずは真似をしたい髪型に合わせて、前髪を分けてからヘアスプレーで固めます。一気にするのではなく、少しずつ束でやりましょう。前髪が出来たら横も同じようにスプレーします。

次にトップから後ろにかけてのセットです。ここは逆毛を入れてボリュームを出していく、いわゆるスジ盛りをしていきましょう。ボリュームを付けたら、ワックスなどで形を整えてから全体にスプレーをして完成です。

ここまでで基本的な形が出来たら、前髪と同じく真似をしたい髪型に合わせてヘアアイロンやワックスでサイドの毛先をハネさせたり、トップにさらに動きをつけるなどのアレンジもしてみましょう。その他に、襟足やサイドなどお好みの位置にヘアチョークやエクステなどで、眞弥さんのメンバーカラーである紫を入れてみるのもいいかもしれませんね。

それでは、眞弥さんの髪型をいくつか画像でご紹介したいと思います。

髪型も比較的シンプルに近く、黒髪でアクセント程度に紫を入れていることが多くなってきている眞弥さんは、己龍の他のメンバーに比べると真似をしやすいのではないかと思います。己龍のファンはもちろん、ヴィジュアル系に憧れを持っている人がまず真似をしてみるということを考えた時にもやりやすいかもしれませんね。

美しさを体感しよう!

今回、眞弥さん風の髪型をご紹介しましたがやり方を紹介した項で書いたように、楽曲によって髪型にも違いがあります。今回の記事をきっかけとして、自分自身でも研究をしてみてほしいと思います。

4度目となった47都道府県単独巡業も、あとは千秋楽を迎えるのみとなった己龍。ライブ自体もさることながら、その後に待っているであろう新たな発表も気になるところです。髪型を真似して和風美人になったその次は、己龍のメンバーたちが放つ美しさをライブ会場で実際に体感してみるのはいかがでしょうか。

関連するおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。