河村隆一のシングル「beat」の世界をご堪能あれ!

河村隆一のシングル曲の中で、皆さんのお気に入りナンバーはどれでしょうか。数々のシングルヒット曲を抱える実力派シンガーで、マルチなタレント性を発揮して活躍している河村隆一のシングルヒット曲の中から、今回は「beat」についてご紹介したいと思います。

河村隆一のシングル曲の中で、皆さんのお気に入りナンバーはどれでしょうか。

数々のシングルヒット曲を抱える実力派シンガーで、マルチなタレント性を発揮して活躍している河村隆一のシングルヒット曲の中から、今回は「beat」についてご紹介したいと思います。

「beat」の立ち位置って

BEATをAmazonでチェック!

「beat」は河村隆一の3枚目のシングルとして1997年7月にリリースされました。作詞と作曲は勿論河村隆一本人。

甘く少し切ない彼の歌声とメロディーがマッチし男の色気とセクシーさが香ってくる、「beat」ってそんな曲ですよね。

また「beat」は河村隆一のイメージを作り上げたヒット曲と言って良いかも知れません。

▶︎BEATをAmazonでチェック!

「beat」のミュージックビデオを見てみましょう

では「beat」のミュージックビデオをご覧頂きましょう。

映像にレトロ感を出しつつ、少しコミカルなプレイボーイ風の河村隆一を楽しめるPVになっています。

それにしても彼の透き通った歌声は、何度聞いても本当に良いですね。

河村隆一らしい「beat」の歌詞もご紹介

「beat」の歌詞の一部もご紹介することにしましょう。

例えば歌い出しのフレーズで

と「ねえ」というかけ声から始まる部分や

英語をさりげなく交えている点等の気取った台詞も、なぜか嫌みを感じさせない河村隆一らしさが出ていると言えます。

「甘ったるい歌声」という評価に動じず自分を貫いてヒットさせた曲

ご紹介した通り、河村隆一は「beat」は独特の台詞や甘い歌声と共に自分自身のイメージに逆らった曲にした訳ではありません。

一部「甘ったるい」といった歌声に対する批判もあったようですが、そうした批判に動じることなく切々と歌い上げる自分のスタイルを貫いていたら、この「beat」をリリースした頃を境に、そうした彼のスタイルそのものが広く支持を集めるようにもなったと言えます。

そのような意味で、彼にとって「beat」は一つのターニングポイントになった曲と言って良いかも知れません。

河村隆一のオススメ記事はこちら

河村隆一の生声!感動は、ライブ会場で!

河村隆一のシングルヒット曲「beat」の世界をご紹介しましたが、如何だったでしょうか。名曲は時を経て改めて聴いても、心に響きますよね。

もっと河村隆一の歌声で感動を味わいたいと思ったら、ぜひライブコンサートへ出掛けましょう。チケットキャンプでは、河村隆一のチケットを取扱中です!ぜひチェックしてみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。