ギルド チケット
ギルドのドラマー 宏一の気になる私生活とは…?

今、もっとも話題のバンドのひとつであるヴィジュアル系バンド、ギルド。 ギルドは、ゴールデンボンバーと先輩、後輩の関係にありオープニングアクトを務めたこともあります。ここではドラムを担当している宏一(こういち)に注目したいと思います。

今、もっとも話題のバンドのひとつであるヴィジュアル系バンド、ギルド
ゴールデンボンバーのオープニングアクトを務めたこともあるギルドは、ゴールデンボンバーと先輩、後輩の関係にあります。

ここではそんなギルドのメンバーの中からドラムを担当している宏一(こういち)に注目したいと思います。
振付講座を担当するという彼は一体何者なのか? ぜひ最後までお付き合いくださいね。

ギルドのドラマー、宏一

ビジュアル系バンド、ギルドのドラムを担当する宏一(こういち)は9月28日生まれ。
もちろんビジュアル系バンドだけあって生まれた年は明かされていません。
ネットでは情報が飛び交っているのだとか。
気になる人はチェックしてみるのも楽しいかもしれませんね。

ライブでの宏一の役割はMC。
ボーカルではないメンバーがMCを担当するというのはちょっと珍しいですよね。
ギルドはそこもユニークだと言えそうです。

ギルドのドラマー、宏一のドラム機材

一見、MCなどでふざけているイメージのある宏一ですが、ドラマーとしての腕は一級品。
ここでは宏一をドラマー目線で見ていきましょう。
宏一があいようしているドラムセットは、なんとあのLOUDNESS樋口のマネージャーから贈られたものだとか。
ドラムはPearl Reference PURE、スティックはWincent製を使用しています。
この機材でギルドのサウンドを支えているんですね。

ギルドの「誘惑ラプソディー」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはギルドの音楽を動画と一緒に見ていきましょう。
最初にご紹介するのは、「誘惑ラプソディー」のミュージックビデオです。
ギルドの母校である大阪スクールオブミュージック専門学校が作成したというビデオ、とっても良い仕上がりですよね。

宏一は王道の8ビートを刻んでいます。
シンプルながら楽曲を支えるドラミングはさすがと言えるでしょう。

ギルドの宏一が出演する「「淳子の部屋」第5回」を見てみよう

続いてご紹介するのは、某番組のパロディでもある「「淳子の部屋」第5回 ゲスト:宏一(from ギルド)」。
ゴールデンボンバーの歌広場淳がMCを務める番組のゲストはギルドの宏一。
事務所の先輩と後輩の関係にある彼らの絶妙なトークを聴くことができます。
仲が深いだけあって、話が盛り上がっていますよね。
ファンの方ならぜひチェックしておきたい動画と言えるでしょう。

ギルドのおすすめ記事

ギルドのライブに行ってみよう!

ギルドのドラマーを担当する宏一のご紹介、いかがだったでしょうか。彼のドラマーとしての腕はもちろんのこと、ちょっとプライベートなことまで動画を見ると分かったのではないでしょうか。チケットキャンプではギルドのチケットを取扱中です。ぜひチケットを手に入れてライブに行ってみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。