ゴールデンボンバー チケット
ゴールデンボンバー2014の座席表特集!横アリ、大阪城、国際フォーラム、マリンメッセ、日本ガイシ他

今最も注目されている“笑撃パフォーマー集団”ゴールデンボンバー。彼らの全国ライブツアーがまたまた今年もやってきます!そんなツアーの会場をいくつかピックアップして、座席表とゴールデンボンバーの奇跡を少しだけ合わせてお届け!

今最も注目されている“笑撃パフォーマー集団”の金爆ことゴールデンボンバー

2004年から活動開始して10年目となる彼らの全国ライブツアーがまたまた今年もやってきます!!昨年行われた『ホントに全国ツアー2013~裸の王様~』も大好評すぎて即完売+追加公演も果し、今まさに金爆時代が到来しています!

さて、もうご存知の金爆ファンも多いと思いますが今年のツアーは4月26日~10月16日まである大型ツアーとなっておりツアータイトルはなんと『キャンハゲ』。人を自然と惹きつける様なツアーは奇才鬼龍院翔の魅力でもあります。

そんなツアーの会場をピックアップして横浜アリーナ・大阪城ホール・東京国際フォーラム・ワールド記念ホール・広島グリーンアリーナ・マリンメッセ福岡・日本ガイシホールの座席表とゴールデンボンバーの奇跡を少しだけ合わせてお届け!

ゴールデンボンバー 全国ライブツアー『キャンハゲ』 座席表まとめ ゴールデンボンバーって?

ゴールデンボンバーというパフォーマンス集団

鬼龍院翔・喜矢武豊・歌広場淳・樽美酒研二の一度聴くと「あれ?」という疑問が色んな部分で湧いてきそうな4人で構成しているヴィジュアル系エアーバンド・パフォーマンス集団で知ってる人がほとんどですが通称『金爆』で有名です。

“エアーバンド”というところでも注目されていましたが、最も注目された事は彼らの持つ「パフォーマンス力」と「キャラクター性」です。

ヴォーカルである鬼龍院翔の色がかなり色濃く、バンドのキャッチコピーも【笑撃のライブパフォーマンスと奇才・鬼龍院翔の創り出すクオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」としています。

ライブ中のパフォーマンスも”音楽に関心がない”というのが正しいのか、曲中でも一発芸を披露したり、観客を楽しませる事を惜しまない姿勢が今の金爆ブームを生んだのかもしれません。気になるバンドコンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリット・スーパー・サブカル・ビジュアル・ロック」というゴールデンボンバー独特のスタイルを築き上げている。

ゴールデンボンバーの奇跡

ゴールデンボンバーは2004年の結成から様々な場所でその名を知られていき、現在では発売している曲数も増えていますが、これだけ世に浸透しているのにも関わらず、メジャー7社からのオファーを断り続け、現在もインディーズとして活躍しています。その奇跡と軌跡はメジャーアーティスト顔負けで様々な偉業を達成しています。

2009年:毎月第一日曜日にワンマンライブを行い、それを12か月連続で続けたり、全国46か所のライブツアーを敢行している。

2010年にはワンマンライブ、2011年にはツアー、そして2012年1月14日・15日は日本武道館、21日は大阪城ホールでワンマンライブを行い、同年3月20日~6月18日までの長期間で全国ホールツアーを行ったことでも有名です。

そして2012年の12月31日付のオリコンシングルデイリーチャートではゴールデンボンバーの関連シングル13曲が同時にTOP50入りするという異例の事態も起こり、2011年のAKB48を上回る記録をたたき出しました。

勢いそのままに2013年「Dance My Generaiton」でオリコン週間チャートで初の1位を記録しました。

発売初週で週間1位になったのは、数多くいるインディーズバンドの中でも2組目という素晴らしい記録も持っている。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。