ゴールデンボンバーのDance My Generationの魅力とは?

バンドでありながら楽器を弾かない、そんなパフォーマンスが受けて一躍大ヒットアーティストの仲間入りを果たしたビジュアル系バンド、ゴールデンボンバー。

バンドでありながら楽器を弾かない、そんなパフォーマンスが受けて一躍大ヒットアーティストの仲間入りを果たしたビジュアル系バンド、ゴールデンボンバー

鬼龍院翔、喜矢武豊など個性豊かなメンバー4人で結成されています。金爆でおなじみのゴールデンボンバー、ファンの方も多いのではないでしょうか。

ここではそんなゴールデンボンバーのヒット曲、「Dance My Generation」をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

ゴールデンボンバーのヒット曲「Dance My Generation」

ゴールデンボンバーのヒット曲「Dance My Generation」は、2013年1月1日に発売されました。

ゴールデンボンバー名義としては1年2か月ぶりとなる本作は、浅倉大介が編曲を手がけるというもの。浅倉大介といえば、T.M.Revolutionでもおなじみですよね。

どこかバブルな雰囲気が漂うわせているのが特徴で、当時を思い起こさせる8cmCD仕様となっています。

ゴールデンボンバーの「Dance My Generation」の歌詞を見てみよう

ここではゴールデンボンバーの「Dance My Generation」の歌詞を見ていきましょう。

バブルを彷彿させるということで、言葉遣いにも拘っているのはさすがですよね。本気なのかふざけているのか分からない、それも彼らの魅力のひとつなのかもしれません。

「Dance My Generation」

ゴールデンボンバーの「Dance My Generation」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはゴールデンボンバーの「Dance My Generation」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのはミュージックビデオです。バブルを彷彿させる肩一直線のスーツ、思わず笑ってしまいますよね。サウンドは浅倉大介が手がけているだけあって誰も文句なしの出来映え!

ゴールデンボンバー流のギャグを感じてくださいね。

ゴールデンボンバーの「Dance My Generation」をギターでカバーした動画をチェック1

続いてご紹介するのは、ゴールデンボンバーの「Dance My Generation」をギターでカバーした動画です。

Tシャツもおなじみのデザインのものを着ているあたり、ゴールデンボンバーへの愛情を感じますよね。肝心のギターですが、音作りもきちんとしてありとても聴きやすいものとなっています。ブリッジミュートをしっかりと利かせた「Dance My Generation」、ぜひチェックしてくださいね。

(出典:NAVERまとめ)

ゴールデンボンバーの最新記事一覧もチェック!

ゴールデンボンバーのライブに行ってみよう!

ゴールデンボンバーのヒット曲「Dance My Generation」のご紹介、いかがだったでしょうか。とってもユニークなナンバーでしたよね。チケットキャンプではゴールデンボンバーのチケットを取扱中です。彼らのパフォーマンス、ぜひ体験してくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。