ゴールデンボンバーの「元カレ殺ス」は、物騒なタイトルとV系美メロの結晶

今、日本で一番有名なヴィジュアル系バンドといえばゴールデンボンバー。すべての楽曲はヴォーカルのキリショーこと鬼龍院翔が手がけており、そのポップス職人ぶりも実は評価の高いところ。今回は物騒なタイトルがキャッチーな「元カレ殺ス」をご紹介します!

今、日本で一番有名なヴィジュアル系バンドといえば楽器を演奏しないエアーバンドのゴールデンボンバー

大方のヴィジュアル系がかっこよさを売り物にしていたところに笑いの要素を入れ、90年代J-POPのエッセンスを導入したポップメロディーで名曲を多く生み出しているバンドです。

すべての楽曲はヴォーカルのキリショーこと鬼龍院翔が手がけていますが、そのポップス職人ぶりも実は評価の高いところ。ただそれをそのまま出すことはしないのが金爆流。この「元カレ殺ス」という物騒なタイトルの楽曲も例外ではありません。

トラウマキャバ嬢/元カレ殺スをAmazonでチェック!

▶︎トラウマキャバ嬢/元カレ殺スをAmazonでチェック!

ゴールデンボンバーの究極のラブソング「元カレ殺ス」

テーマは嫉妬。そのジェラシーを描き出すことによって、相手への愛を伝える究極のラブソングです。

凶暴なタイトルですが、曲調もメロディーもさわやかな90年代GLAYのようなポップ性にあふれたもの。そこにあえて強烈な歌詞を加えて完成させたのがこの曲です。

そしてこの感情は今までのヴィジュアル系バンドはどうしても描ききれなかったところなのです。

女々しさこそが愛の深さ〜ゴールデンボンバー「元カレ殺ス」

鬼龍院翔のキャラクターはあくまで草食系ですし、多くのヴィジュアル系バンドのヴォーカリストがオラオラ系に属するところとは対極にあります。

自分の容姿にコンプレックスを持ち、性格さえも歪んでしまっている自覚こそが、実は金爆ナンバーの醍醐味。

愛すれば愛するほど元カレのことが気になるという女々しい気持ちを前面に押し出したこのナンバー、実に泣かせるではありませんか。

ゴールデンボンバー「元カレ殺ス」

決して見上げた心構えではありません。でも、人が抱く正直な気持ちをこれほど的確に表現した曲もなかなかないのではないでしょうか。

もしネタ曲だと思ってきっちり聴いていない人がいたらもったいないので、じっくり歌詞とともに改めて鑑賞してもらいたいものです。

ゴールデンボンバーの他のオススメ記事

チケットキャンプではゴールデンボンバーのチケットを取扱中!

さて、いかがでしょうか? 面白くて楽しいV系エアーバンド・ゴールデンボンバーのライブを見たくなってきたのではないでしょうか。生のステージは彼らならではの仕掛けがいっぱい。歌とコントで存分に楽しんでしまいましょう。もちろんチケットキャンプではゴールデンボンバーのチケットも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてください!

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    元カレ殺ス!
    そんな気分なので良く聞いてます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。