ゴールデンボンバーラ2015年ライブツアーの倍率を計算してみた!

ゴールデンボンバー、今年も積極的にライブ活動をやってくれます!7月から全国ツアーが開催されます!7月の千葉・市原市市民会館を皮切りに、11月の東京・国立代々木競技場第一体育館まで全29公演を行います!チケット情報など徐々に出てくると思いますので、ウキウキで待つことにしましょう。

ゴールデンボンバー、今年も積極的にライブ活動をやってくれます!7月から全国ツアーが開催されます!7月の千葉・市原市市民会館を皮切りに、11月の東京・国立代々木競技場第一体育館まで全29公演を行います!チケット情報など徐々に出てくると思いますので、ウキウキで待つことにしましょう。

さて、2015年のゴールデンボンバーのライブ、そのチケットは争奪戦になること間違いなし!果たしてその倍率ってどのくらいになるのか気になるところですよね。ファンの生の声などを参考にして、チケット争奪戦に参戦しましょう。準備はいいですか?

ゴールデンボンバーの2015年のツアー、動員数を出してみました!

今回は47都道府県ツアーではなく全部で29公演。そのスケジュールが発表されたので、動員数の目安を割り出してみました。

会場が2個あるところなどは、おそらくここを使うであろうという仮定のもとで、全29公演の会場のキャパを合計すると・・・約157,928人!そうです。約16万人弱を動員する大規模ツアーになっています。

そして、検索にひっかかったのがFCの会員数です。2013年10月時点で約51,200人と言われています。この数字を使って少し計算をしてみたいと思います。

ゴールデンボンバーの2015年のツアー、倍率は1.11倍!?

さて先ほど計算した各会場のキャパをプラスして動員予想数を出してみました。約157,928人です。なので、約160,000人分のチケットが準備されると仮定しましょう。

FC会員51,200人すべてがどこかの会場に1回は行く!と仮定すると単純計算で、160,000÷51,200=3.125!つまり約3人に1人が当選することになります。

FC会員が全員申し込みをするというのはあまりありえない話なので、現実的な数字で見てみようと思います。スケジュールなどの調整が出来ずになくなく応募を諦めてしまう会員数が30%いるとします。そうすると51,200人×70%=35,840人の会員が申し込みをすることになります。1人1公演2枚までで2公演まで申し込めるとすると・・・1人あたり最大4枚申し込みが可能。となると、160,000人÷(35,840×4枚)=1.11!グッと近づいてきましたよね。

仮定は少しでも希望を持つような方向で計算しがちです。あくまで目安ということでご参考までに。

みんなのコメント
  1. うるとらまん より:

    チケット争奪戦激しそうですね!
    ちなみに私は昨日FCに入ったド新規ですが会員数は約70000人でした…泣
    チケット争奪戦がんばります!

  2. うるとらまん より:

    チケット争奪戦激しそうですね!
    私は昨日FCに入ったド新規ですが会員数は、約70000人でした…泣
    チケット争奪戦頑張ります!!

  3. 匿名 より:

    ゴールデンボンバーラわらた

  4. 金爆LOVE より:

    チケット1階席の1列目当たった♪
    ちなみにFCは、ほぼみんなチケット争奪戦しますよ。
    そのためにFC入ってるんですから。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。