ゴールデンボンバーの「101回目の呪い」は、外見とは異なる深イイソング

楽器を演奏しないエアーバンドとして音楽シーンに登場、「女々しくて」という国民的ヒット曲を生み出し、2012年末にはついにNHK紅白歌合戦に出場して、もはやヴィジュアル系シーンではX JAPANに匹敵するほどの知名度となったゴールデンボンバー

楽器を演奏しないエアーバンドとして音楽シーンに登場、「女々しくて」という国民的ヒット曲を生み出し、2012年末にはついにNHK紅白歌合戦に出場して、もはやヴィジュアル系シーンではX JAPANに匹敵するほどの知名度となったゴールデンボンバー

ただやはり「女々しくて」が売れすぎたのは良くもあり、悪くもありました。あまりにもインパクトがあるために、その曲ばかりがフィーチャリングされてしまうからです。

それは昨年末のNHK紅白歌合戦にしても歌唱曲が「女々しくて」だったことでもわかります。さながら「女々しくて」の呪いといっても良いのではないでしょうか…。

101回目の呪い(初回限定盤A)をAmazonでチェック!

101回目の呪い(初回限定盤A)をAmazonでチェック!

ゴールデンボンバー「101回目の呪い」は”死”をテーマにした深イイ曲


(出典:YouTube)

とかくネタ系バンドとして、お笑いの枠組みで捉えられがちな金爆ことゴールデンボンバー。

しかしヴォーカルですべての楽曲を作詞作曲するキリショーこと鬼龍院翔(きりゅういん・しょう)が生み出す楽曲は、決してそうした笑いの範疇にあるものばかりではないことはファンの人なら知っているはず。

そんな中で実に正統派ヴィジュアルロックの王道を行く曲調でリリースされたのがこの「101回目の呪い」です。もちろん真面目なメッセージをそのまま出すほど、金爆は不器用ではありません。ちゃんとネタ曲ふうに装って、真剣な「死」というテーマに向き合っているのです。

死んではいけないゴールデンボンバー「101回目の呪い」に込められたメッセージ

いわゆる金爆ファンはバンギャと呼ばれる種族になります。彼女たちは主にどこかしら心を病んでいることが特徴。金爆楽曲を聴いて笑いながらも、心にはいつも闇を抱えているのです。

この「101回目の呪い」は、そうした病んでしまったファンが死を選ばないように、と作られたメッセージソングと考えるほうが妥当でしょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。