ユーチューブで振り返るGLAYの名曲5選! あなたのお気に入りはどれですか?

メジャーデビューから今年で22年目となるGLAY。ここでは、GLAYの名曲ユーチューブ動画をまとめました。いつまでも愛されるGLAYの名曲を振り返りましょう!

メジャーデビューから今年で22年目となるGLAY。ファンのみではなく、多くの人の青春をいつの時代も彩ってくれましたね。思い出の曲も、皆さん1曲や2曲、誰しも持っているのではないのでしょうか?

ここでは、そんなGLAYの名曲をユーチューブ動画とともに振り返ってみたいと思います。きっとあなたが思う名曲もあるのではないでしょうか。

GLAY名曲ユーチューブ動画1:HOWEVER

GLAYの12作目のシングルである「HOWEVER」はGLAYの快進撃の口火を切った最初のミリオンセラーということもあり、GLAYファンならずともよく知られている名曲。

リアルタイムに残夏をこのヒット曲と共に過ごしたファンも多いのですが、あまりの有名曲ということで学校の音楽の時間に楽器で演奏したり歌ったという若いファンも。

英語の教科書に「HOWEVER」と出てくるたびに「たえまーなくー」と歌ってしまう学生も多くいるようで、GLAYのファン層の広さを感じます。

GLAY名曲ユーチューブ動画2:BELOVED

GLAYの9枚目のシングルであり、メジャーデビュー3枚目のアルバムタイトルとなっている「BELOVED」。ミュージシャンのDAIGOも学園祭で歌わせてもらった思い出の曲として挙げていましたが、ファンにとっても思い出深い一曲。

この曲を収録した同名のアルバムは捨て曲なしの名盤で学生時代ずっと聞いていたという方が多いことから、この曲が名曲と位置づけられる一つの理由ともなっています。

GLAY名曲ユーチューブ動画3:Winter,again

GLAY16枚目のシングル曲。<生まれた街のあの白さを、あなたにも見せたい>という歌詞が、無条件で北海道・東北の男子の胸を貫き、一度女子に言ってみたいと思ったGLAYファンの男子も多いのではないでしょうか。

北海道出身のTAKUROによる作詞曲のためリアル感があり、TAKUROファンの女子も、リリースされた際はわが身に置きかえてトキメいた名曲です。

GLAY名曲ユーチューブ動画4:つづれ織り~so far and yet so close~

GLAYのバラードならこの曲を選ぶ方が断然多いでしょう。この「つづれ織り~so far and yet so close~」はアルバム「MUSIC LIFE」の特典ディスク「BALLAD BEST☆MELODIES」の収録バラードを決める際、ファンの投票で1位になった名曲です。

一度聞き出すと延々聞いてしまうといういわゆる「するめ曲」。珍しく歌詞内の一人称に「私」が使われているレアな曲でもあります。

2005年発売のアルバム「-Ballad Best Singles- WHITE ROAD」等に収録されています。

GLAY名曲ユーチューブ動画5:彼女の”Modern…”

GLAYの3枚目のシングル「彼女の”Modern…」はGLAYのシングルの中ではセールスが低い方なのですが、GLAYに憧れてギターを練習する初心者の方がまず選ぶ一曲。

というのも比較的簡単なメロディラインの曲のため選ばれ、何度もこの曲でギターを練習し、深くこの曲と向き合った方が多く、思い出深い名曲として位置づけられています。

また、彼氏や好きな男子が練習する傍らでよく聞いていた女子も多く、甘酸っぱい気持ちになるそうです。同世代のギター好き男子でカラオケに行くと取り合いになるとか。

GLAYファンなら読みたい! オススメ記事

ユーチューブ動画で振り返るGLAY名曲

GLAYの曲は名曲揃い。なかなか一曲は選べませんよね。ファン同士で話し合うと盛り上がる話題になりますね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。