GLAYのTERU渾身の「Wowー!」を聴くなら「pure soul」!

スケール感の大きいロックバンドとして日本を代表しているのがGLAY。その音楽性はロックファンだけでなく、あらゆる世代の老若男女に響くストレートな音楽性を持っているのが特徴です。

スケール感の大きいロックバンドとして日本を代表しているのがGLAY。その音楽性はロックファンだけでなく、あらゆる世代の老若男女に響くストレートな音楽性を持っているのが特徴です。

そしてそのGLAYの足跡はいつも、先だって逝ってしまったJ-ROCKシーンの名プロデューサー・佐久間正英とともにありました。
そうした鬼才プロデューサーとともに作り上げたアルバムタイトルにもなっている作品がこの「pure soul」。

おだやかに流れる大きな河のようなうねりが素敵なサウンド

ゴリゴリに歪んでいるわけではない大ノリのロックサウンドを体現している「pure soul」。そのかっこよさはやはりTERUの歌力にあります。

ちょっとお休みがあると体重が増えてキャラが変わってしまったり、高音が出なくなったりしてしまい、いつもファンをハラハラさせるTERUだけど、こういう人生の機微をうたえるのはやっぱりその豊かであたたかい人間性にあるんじゃないかなあ。

ライブでも決してオラオラなアオリをしないところもまた素敵なんだ。

「pure soul」ライブ

歌詞の深さにじんわりと感動の波が押し寄せてくる…

pure soulをAmazonでチェック!

定評のある人生訓を込めたリーダー・TAKUROによる歌詞の深さ。この曲もまた文学作品に思えるくらいの描写がそこかしこに…。

とくにこのサビの部分、もう壁に貼って毎日眺めたくなるほどの素晴らしいフレーズだと思いません??

pure soulをAmazonでチェック!

男以前に人間として素敵な思いがあふれる歌詞世界

もう一つ、壁に貼りたいシリーズ!

もう男女のラブソングってわけじゃないんですよね、家族愛
こんなふうに考えられる人、男以前に人間として素敵だと思いません??

GLAYのオススメ記事もチェック☆

GLAYのライブに行こう!盛り上がれること間違いなしです。

もちろんチケットキャンプではGLAYのチケットを取扱中。こんなGLAYのナマの魅力に触れるために、ぜひ会場に行ってみよう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。