GLAY チケット
GLAYのメンバーの魅力とは?グレイのこれまでの歴史、ライブパフォーマンスとあわせてご紹介!

GLAYは、北海道出身のTAKURO、TERU、HISASHI、JIROの4人のメンバーで構成されるロックバンドです。GLAYの軌跡を振り返るとともに、4人のメンバーの魅力をライブでのパフォーマンスの特徴を交えながらお伝えします。

GLAYは、北海道出身のTAKURO、TERU、HISASHI、JIROの4人のメンバーで構成されるロックバンドです。TAKUROとTERUが小・中学校の同級生、TAKUROとHISASHIが高校の同級生、JIROは1学年下で、メンバー同士の仲のよさも知られています。

GLAYの軌跡を振り返るとともに、4人のメンバーの魅力をライブでのパフォーマンスの特徴を交えながらお伝えします。

GLAYは日本の音楽史の記録を塗り替えたアーティスト

1988年北海道函館市で、TAKURO、TERUを中心に結成されたGLAYは、後に加入したHISASHIとともに上京、同じく函館出身のJIROを加え、1994年にメジャーデビューを果たしました。

1997年、「HOWEVER」がGLAY初のミリオンセラーとなり、ベストアルバム「REVIEW-BEST OF GLAY」は、当時歴代CDセールス1位を獲得しました。1998年には、「誘惑」と「SOUL LOVE」を2曲同時リリースしたことで話題になりました。

1999年、幕張メッセの屋外駐車場で開催された「MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO’99 SURVIVAL」は、1公演で観客20万人を動員し、単独のアーティストの有料ライブでは、最高記録となっています。

ロングヒットした「Winter,agin」で、第41回日本レコード大賞を受賞しました。2005年に所属事務所を独立、2010年には自主レーベル「loversoul music & associates」を設立後も、精力的にライブ活動を行なっています。

GLAYのリーダー、TAKRO

GLAYのリーダーで、ほとんどの楽曲は、TAKUROの作詞、作曲によるものです。ギタリストで、多くの楽曲のコーラスも担当しています。妻はモデルの岩堀せりです。

「皆、1人1人を抱きしめたい」との思いから、ライブの最後には、腕をクロスし抱きしめているようなパフォーマンスをします。ライブ中、感極まると号泣してしまいます。

GLAYのボーカリスト、TERU

TAKUROとともに、GLAY結成時からのメンバーで、ボーカリストです。妻は、PUFFYの大貫亜美です。ボーカルでありながら、ライブのMCでは噛むことが多くあります。

天然キャラとして知られており、言い間違えや思い違いが多く、TERU語録といわれる数々の迷言を生んでいます。

GLAYのギタリスト、HISASHI

GLAYのギターリストで、主にリードギターを担当、GLAYで一番デジタル関係に強いと言われています。メンバーで唯一、ビジュアル系メイクを続けています。アニメオタクでもあり、不思議キャラとしても知られています。

GLAYのベーシスト、JIRO

GLAYのベーシストで、TAKUROとともにコーラスも担当しています。他の3人のメンバーは同じ歳で、JIROは1歳下にもかかわらず、裏リーダーともいわれる存在です。

ファッションセンスのよさはGLAYの中でも1番で、おしゃれリーダーでもあります。腕を大きく振り、ピックに角度をつけて弾く演奏スタイルです。ライブでは、ツッコミ担当で、ツンデレ発言をすることもあります。

GLAYのおすすめ記事はこちら♪

GLAYのライブへ行きたくなったら

GLAYのメンバー紹介、いかがでしたでしょうか。GLAYといえば、ライブで感じられるメンバー同士の仲のよさも魅力の一つです。

GLAYのライブへ行きたくなったら、チケットキャンプでライブチケットを探してみるのがお勧めです。なかなか取れないGLAYのライブチケットも、チケットキャンプでなら、手に入るかもしれませんよ。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。