GLAYメンバーからベースJIROをPickup!その魅力をあなたに!

1994年のメジャーデビュー以降、モンスターバンドへと成長を遂げたGLAY。青春時代、彼らの音楽で過ごしたというファンの方も多いのではないでしょうか。ここではGLAYのメンバーの中からJIROに注目したいと思います。

1994年のメジャーデビュー以降、モンスターバンドへと成長を遂げたGLAY

青春時代、彼らの音楽で過ごしたというファンの方も多いのではないでしょうか。

ここではGLAYのメンバーの中からJIROに注目したいと思います。縁の下の力持ちであるベースを担当するJIROの魅力、ぜひ参考にしてくださいね。

GLAYのベーシスト、JIRO

GLAYのベーシストであるJIROは、1972年10月17日生まれ。

GLAYの中では年下であるにもかかわらず、サブリーダー的な存在でもあります。特に楽曲に対してのこだわりが強く、音質面では実質的なリーダーを務めることもあるとか。

プロデューサーであった佐久間正英に影響を受けた、逆アングルピッキング奏法が有名ですよね。太いサウンドでGLAYのサウンドを支えています。

GLAYのJIROはとってもおしゃれなファッションリーダー

GLAYでベースを務めるJIROは、とってもおしゃれなファッションリーダーとしても知られています。

また、カメラにスノーボードが趣味というあたり、向かうところ敵なしですよね。端正な顔立ちから、女性にも人気が高く、ファンを公言している芸能人も多く存在します。

GLAYにおしゃれな色を加えているのはJIROと言えるでしょう。

GLAYのJIROがボーカルをとる「SHUTTER SPEEDSのテーマ」のライブ動画をチェック!

ここからはGLAYのJIROの魅力がたっぷりと伝わる動画をご紹介していきます。

最初にご紹介するのは、JIROがボーカルを務める人気のナンバー「SHUTTER SPEEDSのテーマ」。AメロではJIROがボーカルを担当し、途中からTERUがマイクを奪う、そんなパフォーマンスが有名ですよね。

間奏で見せるベースソロも必見。GLAYファンなら一度は観ておきたい動画と言えます。

GLAYのJIROが楽曲にグルーヴを与える名曲「HOWEVER」の動画をチェック!

続いてご紹介するのは、GLAYの代表曲「HOWEVER」。

スロウなナンバーでは、楽曲にグルーヴを与える役に徹します。Aメロでは微妙にハネたフレーズを演奏しているのが分かりますよね。音符、休符の使い方のセンスが抜群なJIROのプレイに注目してください。発売された年、社会現象にまでなった「HOWEVER」。

年末の特番では様々な髪色でファンを驚かせたJIROの姿が懐かしいですよね。

GLAYのオススメ記事もチェック☆

GLAYのライブに行ってJIROの演奏に注目してみよう!

GLAYのメンバーであるJIROのご紹介、いかがだったでしょうか。音楽面、そしてファッション面でGLAYを引っ張っているのがよく分かりましたよね。JIROの出す骨太なサウンドは多くのベーシストに影響を与えています。これからもJIROのプレイに注目してくださいね。チケットキャンプではGLAYのチケットを取扱中です。メンバー同士が仲良いことでも知られるGLAYのライブにぜひ行ってみてくださいね。

みんなのコメント
  1. りん より:

    私はglayのファンです
    特にjiroくんがかっこいいですね

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。