GLAYの名曲 生きてく強さの隠されたエピソードに迫る!

1994年のデビュー以降、ベストアルバムの大ヒット、CDシングルの2枚同時発売、20万人動員ライブなど様々な記録を打ち立ててきたロックバンド、GLAY

現在でも精力的な活動を続け、多くのファンに愛されています。GLAYがじわじわと注目を集めだしたのは、1996年発売したシングル「グロリアス」あたりからですよね。

ここではそんなGLAYがブレイクする前に発売された名曲「生きてく強さ」に注目したいと思います。ファンなら誰もが知る名曲、ぜひチェックしてくださいね。

GLAYのヒット曲「生きてく強さ」

GLAYのヒット曲「生きてく強さ」は、1995年11月8日に発売されました。

「かざあなダウンタウン」オープニングテーマに起用された本作。発売当時、まだブレイクする前のため大ヒットには至りませんでしたが、歌詞の内容などから、現在でも人気のナンバーのひとつになっています。

阪神大震災のあと、この曲に勇気をもらったという方も多かったとか。新潟県中越地震、東日本大震災と困難が起きる度に「生きてく強さ」をもらったというファンの方も多いのではないでしょうか。

GLAYの「生きてく強さ」の歌詞を見てみよう

ここではGLAYの「生きてく強さ」の歌詞を見ていきましょう。

努力することでそれが報われるのなら誰も迷わない、そんな厳しい現実を見据えています。誰にもどうにもできないこともあるけれど、頑張ることが大切である。TAKUROからのメッセージなのかもしれません。

「生きてく強さ」

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。