GLAYの哀感あふれるミディアムチューン「春を愛する人」を口ずさめ!

もともとはX JAPANのYOSHIKIのレーベル「エクスタシー・レコード」で、ヴィジュアル系として髪の毛を逆立てながら活動を開始したGLAY。 L'Arc~en~Cielとともに初期はヴィジュアル系として捉えられていたが、2つのバンドはともに作品的にはヴィジュアル系的な動きはほとんどしていないのが特徴。

もともとはX JAPANYOSHIKIのレーベル「エクスタシー・レコード」で、ヴィジュアル系として髪の毛を逆立てながら活動を開始したGLAY

L’Arc~en~Cielとともに初期はヴィジュアル系として捉えられていたが、2つのバンドはともに作品的にはヴィジュアル系的な動きはほとんどしていないのが特徴。

中でもGLAYはB’zとともに、ネオ・フォークともいうべき音楽性をもったバンド。

1997年に「口唇」でじゃっかんヴィジュアルショック的な人気をはじけさせたが、以降はどちらかというと古きよきロックンロールと昭和火曜フォークの匂いの楽曲を量産している。

こころをこめて歌うことにうってつけの哀感たっぷりの名曲

GLAYがなぜ哀感たっぷりかというと、フォーク大好きと自他共認めているリーダーのTAKUROがほとんどの楽曲をクリエイトしているからである。

中でもこの、「春を愛する人」はその魅力が顕著に現れている。もちろんそうした楽曲をせっかく作ってもバンドのヴォーカリストが歌いこなせなければ伝わらない。
そういう意味で中音域にふくよかな響きを持つTERUの男らしいヴォーカルがあっての名曲といえるだろう。

カップリング曲としての発表ながら長く愛されているナンバー

実はこの「春を愛する人」は文字通り隠れた名曲。
何しろシングルA面曲としては発売されていないのだから。

1997年のブレイクタイミングのシングル「口唇」のカップリング曲として、ソーッと〈?)収録されていたのが実際。もちろん大ヒットアルバム「BELOVED」にも収録されているけれど。

GLAYファンならこの曲をカラオケで歌えば問答無用に「わかってるじゃないか」と拍手を送られる、そんな大切なナンバーなのである。

ひとつ間違えると相田みつをになってしまいそうな含蓄の深さ

ちなみにこの曲が生まれたきっかけは、フォーク大好き・哀愁楽曲クリエイターのギタリスト兼リーダーのTAKUROがアイスランド旅行で着想を得たもの。

極限の冬の寒さに耐えながらも力強く生きているアイスランドの人々の姿に感動して生まれたとか。当初は仮題で「SEASONS」とされていた。

このように歌詞もまた、ひとつ間違えると相田みつをになってしまいそうな含蓄の深い内容だ。

BELOVEDをAmazonでチェック!
BELOVEDをAmazonでチェック!

GLAYのオススメ記事もチェック☆

友達と盛り上がろう!GLAYのライブに行こう!

もちろんチケットキャンプではGLAYのチケットを取扱中。こんなGLAYのナマの魅力に触れるために、ぜひ会場に行ってみよう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。