GLAYのグロリアスで10代の気持ちを思い出す…!?

幅広い楽曲で、多くの人に愛されてきたバンド、GLAY。黒色と白色という意味から付けられた「グレイ」という言葉の通り、両極端の音楽性を兼ね備えています。ここではそんなGLAYの「グロリアス」に注目したいと思います。

激しいロックナンバーから、美しいバラードナンバーまで幅広い楽曲で、多くの人に愛されてきたバンド、GLAY

黒色と白色という意味から付けられた「グレイ」という言葉の通り、両極端の音楽性を兼ね備えているのも特徴にあげられます。

ここではそんなGLAYの出世作とも言われる「グロリアス」に注目したいと思います。GLAYのロックナンバー、ぜひ参考にしてくださいね。

GLAYのヒット曲「グロリアス」

GLAYの出世作「グロリアス」は、1996年1月17日に発売されました。

シングルとして初のオリコントップ10入りを果たしたと曲として知られています。この曲でGLAYを知ったという方も多いのではないでしょうか。

アルバム『BEAT out!』の先行シングルとして発売された「グロリアス」は、エレキギターのアンサンブルが光る爽快なロックナンバーに仕上がっています。

恋に恋い焦がれ恋に泣く、GLAYの「グロリアス」の歌詞を見てみよう

ここではGLAYの名曲「グロリアス」の歌詞を見ていきましょう。

誰もが通ってきたあの日が描かれています。ひょっとしたら今、その時代を歩いている方もいらっしゃるでしょうか。

10代は誰もが通る通過点で、とても大切にしたい時代。いつまでも輝いて忘れない時代を過ごしてくださいね。

「グロリアス」

ちょっと懐かしい、GLAYの「グロリアス」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはGLAYの「グロリアス」を動画と一緒に見ていきましょう。

ディレイをかけたエレキギターで始まるイントロ。長髪のTAKUROなど、ちょっと懐かしいGLAYの姿を見ることができます。

ビートロックと呼ばれるブラッシングミュートを多用したギターアレンジも曲に勢いを与えていますよね。

サビはこれぞTAKUROというべき素晴らしいメロディを聴くことができます。ぜひチェックしてくださいね。

GLAYの「グロリアス」のライブ動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、「グロリアス」のライブ動画です。

GLAYの地元である函館で行われたライブの1曲目に演奏された「グロリアス」に、観客は大盛り上がりを見せます。

ライブを重ねるごとに成長していく楽曲たちを聴いていると、GLAYはライブバンドなのだと改めて思わされますよね。

GLAYのオススメ記事もチェック☆

GLAYのライブに行ってロックを感じよう!

GLAYの名曲「グロリアス」のご紹介、いかがだったでしょうか。彼らにとっての出世作は原点に戻ったかのような純粋なビートロックでしたよね。チケットキャンプではGLAYのライブチケットを取扱中です。数々の記録を打ち立ててきたモンスターバンド、GLAYのライブにぜひ行ってみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。