GLAY チケット
GLAYとEXILEの魅力を夢のコラボ曲SCREAMから徹底解剖!

日本を代表するロックバンド、GLAYと同じく日本を代表するダンス&ボーカルユニット、EXILEが夢のコラボレーションを果たしました。発売されたシングルは「SCREAM」。そんなGLAY×EXILEについて掘り下げていきたいと思います。

日本を代表するロックバンド、GLAYと同じく日本を代表するダンス&ボーカルユニット、EXILEが夢のコラボレーションを果たしました。

GLAY×EXILE名義で発売されたシングルは「SCREAM」。

GLAYのTAKUROとEXILEのHIROがお酒を呑みながら意気投合したことから生まれたのは有名なエピソードです。ここではそんなGLAY×EXILEについて「SCREAM」の動画と一緒に掘り下げていきたいと思います。

GLAY×EXILEの夢のシングル「SCREAM」

SCREAM(プレミアムフォトジャケット仕様)(DVD付)をAmazonでチェック!

GLAY×EXILEによる「SCREAM」は2005年7月20日に発売されました。大物アーティスト同士によるコラボレーションは世間を大きく賑わせ、大ヒットとなったのは記憶に新しいと思います。

シングルとして発売された以降、EXILEのアルバム『ASIA』にはシングル・バージョンが、GLAYのアルバム『LOVE IS BEAUTIFUL』には、若干アレンジが異なるバージョンが収録されました。GLAYの強力なバンドサウンドとEXILEのパフォーマンスの融合は、まさに夢のコラボレーションと言えるでしょう。

SCREAM(プレミアムフォトジャケット仕様)(DVD付)をAmazonでチェック!

GLAY×EXILEの良さが映えるサウンド

「SCREAM」の基本サウンドは、GLAYの得意とするバンドサウンドで構築されています。ヘビーなギターリフがカッコ良いですよね。歌が始まると楽器は控えめになり、今度はこれぞEXILEと言える歌を聞かせてくれます。

間奏ではEXILEのパフォーマーであるMAKIDAIによるスクラッチを聞くことができるのも嬉しいところです。また、GLAYのHISASHIによるトリッキーなギターも波形編集たっぷりに楽しめます。両者の良いところを存分に楽しめる「SCREAM」、ぜひ聴いてみてくださいね。

GLAY×EXILE「SCREAM」で描かれる歌詞の世界

「SCREAM」の歌詞はEXILEのSHUNとGLAYのTAKUROによって書かれました。大半を手がけたSHUNによると反戦歌ということです。時代が変わっても必ずどこかで争いが起きてしまう、いつかそんな悲しみが終わればいい、そう思わされる作品に仕上がっています。

「SCREAM」

GLAY×EXILEのライブ映像が見られる!

EXILEの2005年に行われたSHUN最後のライブのアンコールでは、GLAYが乱入し、「SCREAM」が演奏されました。生で見ることができたファンは一生の宝物になったのではないでしょうか。ロックのノリ、そしてダンスのノリ、それらが融合したサウンドを動画を通してご覧くださいね。

チケットキャンプでは、GLAY、EXILEのチケットを取り扱い中です

ここでは夢のコラボレーション・ユニット、GLAY×EXILEについて「SCREAM」を通して掘り下げていきました。いかがだったでしょうか。両者の良さが映えてとても素敵な作品に仕上がっていますよね。

チケットキャンプではGLAYEXILEのチケットを取り扱い中です。日本を代表するアーティストのライブ、ぜひ行ってみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。