痛々しい愛を描く!DIR EN GREYの「予感」を特集!

DIR EN GREYはいまでこそ結構硬派なバンドに見えますけれども、実はV系としてばっちりメイクをしていたころがありました。その時代の代表曲といってもいいのが、今回ご紹介する、「予感」です。現在とはまったく違うディルの姿、ご覧ください!

DIR EN GREYはいまでこそ結構硬派なバンドに見えますけれども、実はV系としてばっちりメイクをしていたころがありました。その時代の代表曲といってもいいのが、今回ご紹介する、「予感」です。

ディルは結構自分たちのスタイルを変えており、メイクをしたり、パンク路線になったり、V系に戻ったりなど、いろいろな試行錯誤をしています。ファンとしてはただ付いていくだけです。

今回は、そんなディルの楽曲、「予感」をご紹介します!現在とはまったく違うディルの姿、ご覧ください!

DIR EN GREY初期の名作!「予感」 さっそく聞いてみましょう!

こちら、結構古い曲なのですが、YouTubeの動画でぜひ聴いてみてみましょう。


(出典:youtube)

いかがですか?このころはヴィジュアルもまさにV系!って感じですよね。ドラムのShinyaなんか女性そのもの!まだメンバーも若々しくて、20代のパワーが炸裂しています。

曲調もV系ど真ん中ストライクという感じで、最近の楽曲よりは歌詞が聞きやすいですよね。

DIR EN GREY初期の名作!「予感」 歌詞を見てみよう

では、京が作詞した歌詞の世界を見てみましょう。

無口で静かな愛。でも痛い愛。DIR EN GREYはデビュー当初から一貫して、痛み、をモチーフにした活動を続けています。

この曲も痛々しい愛を描いていますね。それは、何年経っても変わらない魅力でもあります。

「予感」が入っているアルバム GAUZEをAmazonでチェック!

「予感」が入っているアルバム GAUZEをAmazonでチェック!

DIR EN GREY初期の名作!「予感」 京の恋愛観

この曲は、DIEが作曲を、京が作詞を担当。京はこの曲を書くに当たって、自身の恋愛体験をベースにしていると昔語りました。

あまり幸せな恋愛はしたことがないという京。裏切りに合ったり、弄ばれたり…そんな自身の恋愛をベースに書いているので、こういった世界観になってしまったようです。

DIR EN GREYのおすすめ記事

DIR EN GREYの「予感」が気になったら、ライブに行こう!

いかがでしたでしょうか?今でも通用する一曲だと思います。それにしても現在とはヴィジュアル面でまったく異なりますね!でもちゃんとした歴史の一部ですので、吸収していきましょう!

DIR EN GREYのライブでは、もしかすると「予感」を歌ってくれるかもしれません。ぜひ生で聴いてみたいもの!チケットキャンプではDIR EN GREYのライブチケットを取り扱っています!ぜひご覧ください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。