DIR EN GREY、初めてのライブも怖くない!服装やマナー、ノリ、オススメの持ち物をご紹介

様々な音楽性を取り入れ、その音楽を常に進化させていった彼ら。その楽曲は様々で一つのカテゴリーに留まる事は出来ない唯一無二のDIR EN GREY色になっていると言っても過言ではありません。今回は【DIR EN GREY初めてのライブ参戦】と銘打って初めてライブに参戦する方に向けてのおすすめの服装などをお伝えします。

【DIR EN GREY】ライブ参戦、事前チェック!

今年2017年にバンド結成20周年を迎えるDIR EN GREY。20年の間に様々な音楽性を取り入れその音楽を常に進化させていった彼ら。その楽曲は様々で一つのカテゴリーに留まる事は出来ない唯一無二のDIR EN GREY色になっていると言っても過言ではありません。

デビュー当時の楽曲からは想像もできないくらい、より重く、よりヘヴィーなバンドへと成長を遂げた彼らの魅力は何と言ってもライブでその真価を発揮します。楽器隊の鬼気迫る演奏もさることながら、感情をむき出しにして歌い上げる京のヴォーカルも目を見張るものがあります。

ライブではDIR EN GREYの様な激しい音楽性のバンドには付き物のヘッドバンキング等を行うオーディエンスも珍しくありません。でも安心してください、今回はDIR EN GREYのライブに行きたいけどちょっと心配という方に向けた、初めてでも安心してライブに臨めるように「DIR EN GREY初めてのライブ参戦」と銘打ってライブ参戦時の服装やマナー等をまとめてみました。

この記事を最後まで読んで、ライブへの不安を解消していきましょう!それではどうぞ!

 【DIR EN GREY初めてのライブ参戦】服装は?

ライブ参戦でまず気になるのが服装だと思います。アーティスト毎のライブによってノリは様々ですが、DIR EN GREYの場合は曲にもよりますが、基本的には激しい部類に入るので服装的にはシンプルなものがオススメです。

ライブ中盤には汗だくになっている事が予想できるのでTシャツにズボンといった着替えやすく動きやすいものが良いですね。当日は物販も行われるのでライブTシャツを購入して着替えるのもいいですね。ライブTシャツは人気商品でもありますので、当日の日程が発表されたら売切れる前に早めに会場に行きましょう。

靴はハイヒールや厚底等はやめてきましょう。靴底はぺったんこで動きやすいスニーカーがオススメです。アクセサリーも最小限に控えておいた方が無難です。無くしたり壊れたりする可能性もありますが、周りの人に迷惑をかける場合もあるので気を付けましょう。

【DIR EN GREY初めてのライブ参戦】持ち物は?

持ち物はなるべく少ないにこしたことはありません。座席指定の場合は常識の範囲で持ち込んでも構いませんが盗難に気を付けましょう。スタンディングの場合は持ち物に関しても動きやすさを重視してください。財布などの貴重品も最小限だけポケットに入れてあとは他の荷物と一緒にロッカーやクロークに預けておいた方が安心です。ジップロック等に入れておけばチケットやお札が汗でぐしゃぐしゃになることがないです。タオル、ドリンクは必須ですね。

また、友達と連絡を取るためにスマホを持って行った場合は、場所によってはファン同士の圧縮が激しい所もあるのでスマホのポジションによっては破損し兼ねません、圧縮を感じたらスマホを死守してください!

とにかく必要最低限の物以外はロッカーやクロークに預けておきましょう。会場以外のロッカーに預けておけば帰りの混雑を避けられるかもしれませんね。

【DIR EN GREY初めてのライブ参戦】気をつけておきたいマナー

DIR EN GREYのライブは基本的にはモッシュ(体をぶつけ合う行為)やダイブ(観客の中に飛び込む行為や人の頭上を転がっていく行為)等の他人に危害を加える行為は禁止です。その他にもいくつか嫌がられる迷惑行為があるので上げていきます。

  • スタンディングの場合、メンバーを近くで見たいが為に、後ろから無理やり前列に突っ込んで行くような行為は大変危険なうえ無用なトラブルの原因ともなりますので止めましょう。
  • 楽曲を通しで大声で歌う行為。理由としては、歌っている本人は気持ちいかもしれませんが、周りの人からしてみれば京のボーカルの妨げになる非常にストレスの溜る行為です。
  • 演奏中や間奏中に大声で叫ぶ。これは単純に演奏や歌が聞こえないという理由です。メンバーに対する黄色い声もこういった理由で迷惑がられるので注意しましょう。と言ってもメンバーから煽られたときは別です。その時は大いに盛り上がりましょう!

大まかな所だとこんな感じです。特に「演奏中や間奏中に叫ぶ」は昔メンバーからも触れられていた事もあり、守っていきたいところですね。

後は服装の部分と被るところもありますが、髪の長い方は縛る、ハイヒールは自分にも周りにとっても危険なので避ける。アクセサリーもなるべく外す。といった周りの人に迷惑をかけない一般常識的なマナーがあれば大丈夫です。

【DIR EN GREY初めてのライブ参戦】ライブのノリはどんな感じ?

ここまではライブ参戦前の下準備を紹介してきましたが、初めて行くバンドのライブで一番気になるのが雰囲気、ライブのノリだと思います!

DIR EN GREYのライブは激しく、汗びっしょりになります。昔とは違い今はヴィジュアル色が薄くなっていてファン層も昔と比べ男性率も増えています。決まった振り付けもありませんので自由に楽しんでもらって大丈夫です。もちろん常識の範囲でですが!基本的にノリの良い雰囲気なのでどうしたら良いかわからない場合は取りあえず周りの様子を見つつ拳を上げておきましょう。ヘッドバンキングをしている人もいますが無理にやらなくても大丈夫です。

気をつけなくてはいけないのは、ライブ初参戦の場合は前の方に行くは控えた方が良いかもしれません。メタル系バンドのライブに行っている人は慣れているかもしれませんが、前方は後ろからの圧縮が強く、慣れてない人は体力的に乗り切れず途中退場してしまうことも考えられます。体力的に自信の無い人やDIR EN GREYのライブ初心者は後ろの方、もしくは二階席のある会場では二階席で安全なポジションを確保して雰囲気を楽しみましょう。後ろの方からでも十分にライブを楽しめます!

いざライブへ!

いかがでしたでしょうか?「DIR EN GREY初めてのライブ参戦」。一見、怖そうに見えるDIR EN GREYのライブですが、ポイントを押さえていれば安心してライブに参戦できます。

DIR EN GREYは2017年7月15日~8月5日の日程で【TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE]】と題したツアーを開催します。

過去のアルバムを軸としたツアーシリーズ”TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________”の第6弾で今回は2ndアルバム”MACABRE”を軸としたツアーです。

前回の[mode of THE MARROW OF A BONE]では”秒「」深”や”蒼い月”等インディーズ時代の超レア曲を演奏するなど、昔からのファンには嬉しいサプライズもありました。

今回の [mode of MACABRE]も期待大です!MACABRE自体もかなり前のアルバムなので、今の世界的バンドへと成長を遂げたDIR EN GREYが昔の曲をどのようにプレイするのかも非常に興味深いツアーとなっています!

この記事を参考に是非、初めてのDIR EN GREYのライブに次のツアーを選んでみてください。DIR EN GREYの生の歌、演奏に感動と興奮を覚える事間違いないです!

その他のDIR EN GREYの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。