【アンティック-珈琲店-】まず聴くならこれ!おすすめ曲ランキングTOP10【アンカフェ】

もうすぐ15周年を迎えるアンティック-珈琲店-。メジャーデビューを果たしたり、あの大黒摩季に楽曲提供をしてもらったりと絶好調です。そんな彼らの名曲の数々から今回は特におすすめの曲を10曲ピックアップしてランキングにしました。ライブで盛り上がる曲はもちろん、しっとりと泣かせる曲まで勢ぞろいです。最近カフェっ仔になったあなたはもちろん、古参の方も必聴の名曲たちをぜひご覧ください。

もうすぐ結成15周年!アンティック-珈琲店-

2003年にVo.みく、Gt.坊、Ba.カノンの3人で結成されたアンティック-珈琲店-。バンドコンセプトを「ダンスロック」「ノンジャンルビジュアル系」とし、バンド名は坊の好きな競馬の馬の名前をとって付けられました。

そんなアンティック-珈琲店-ですが、来年2018年で結成15周年を迎えます。最近ではメジャーデビューを果たしたり、あの大黒摩季に楽曲提供をしてもらったりと絶好調です。

今回はそんなアンティック-珈琲店-の名曲をランキング形式で発表します!大人気のあの曲から隠れた名曲まで、その数々を厳選してご紹介します。最近気になりだしたそこのあなたから古参のあなたまで、必見です!

アンティック-珈琲店- 名曲TOP10

第10位 「覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A “NAME”~」

2007年に発売されたこの曲は現メンバーになってから初めての曲で、アニメ「DARKER THAN BLACK-黒の契約者-」のエンディング曲にもなりました。アンカフェをあまり知らない人でもこの曲は知っているという人が多いということで10位にランクインです。

9位 「GO!!GO!!GO!!」

ここでひとつ隠れた名曲をご紹介します。こちらの「GO!!GO!!GO!!」は2006年に発売された「BondS~絆~」に収録されているカップリング曲です。この曲のおすすめのポイントはなんといってもその歌詞にあります。

「ピンチはチャンスに変わるもの」というポジティブな歌詞に励まされた人も多いのではないでしょうか。日々の生活に疲れている方や受験生の方、就職活動中の方などには特におすすめの1曲です。

8位 「ダックのマジカルアドベンチャー」

この曲は2004年に発売された「孤妄~コスモス~」に収録されているカップリング曲です。いわゆる「煽り曲」と言われる曲のひとつで、ライブで高確率で演奏されています。この曲に合わせてヘドバンするのが好きな方も多いと思います。

ライブに初めて参戦する方などは、この曲だけでも覚えていくとより楽しめるかと思います。

7位 「校廻~kokai~」

この曲は2006年に発売された「10’s コレクション マァチ」に収録されている曲です。とても切なく、しっとりとした曲になっています。昔からのカフェっ仔(アンカフェのファンの人)には特に人気の曲なのではないでしょうか。

特におすすめなのは、坊が卒業した日比谷野外音楽堂でのライブで演奏された「校廻~kokai~」です。いいタイミングで日没に差し掛かり、夕日が曲のイメージとマッチしてとても美しいシーンに出来上がっています。機会があればぜひ見てみてください。

6位 「踊るメルヘン時計」

この曲は2004年に発売された「√69」と2005年に発売されたミニアルバム「飴玉ロック」に収録されています。記念すべき2枚目のシングルで初のMVになります。衣装が簡素で画質も荒く、まさに初期の曲という感じがしますね。

今のアンカフェにはあまり無い、重低音の気持ちいいダークな曲になっています。最近ではライブで演奏することも少なくなりましたが、振りがとても楽しい曲となっています。

最近のアンカフェの曲が好きな人もぜひ聴いてみてください。

5位 「似非占い」

この曲は2004年に発売された「孤妄~コスモス~」に収録されている曲です。恋する女の子がテーマの可愛らしい曲になっています。この曲もとてもファンが多く、ライブで演奏されると喜ばれる曲のひとつです。

この曲の振りもとても可愛いのですが、初期に作られた振りなのでとても複雑です。残念ながら今では完璧にこの振りをできる人は少なくなってしまいました。

それでもみなさん見よう見まねで覚えてなんとか引き継いでいるような印象です。初めての方は難しいかもしれませんが、隣の方を見ながら真似しながら楽しんでみてください。

4位 「テケスタ光線」

この曲は2005年に発売された「テケスタ光線~暗闇を照らす光は宝石のように~」と2005年に発売されたアルバム「色彩モーメント」に収録されています。最近ではメロディと歌詞をリニューアルしたアンチエイジングverが作成されました。

最初に発表されたものとは形を変えながら、それでも長年カフェっ仔に愛されている1曲です。ライブではみくの「踊れ!」の一言でファンの振りが始まります。こちらも非常に特徴的な振りですがステージでみくが手本を見せてくれるので真似をすると良いでしょう。

3位 「メープルガンマン」

この曲は2006年に発売された「10’s コレクション マァチ」に収録されている曲です。非常にノリがよく、これもファンの多い曲なのではないでしょうか。

おすすめのポイントは何といってもMVにあります。なんと刑事もののストーリー仕立てになっています。銃を構えながら逃げるみく、女性警察官姿の坊、刑事の輝喜、着ぐるみのカノンがなんとも可愛いMVになっています。

最初にこれをみた衝撃は大きいかと思います。曲は知っているけれどMVは見たことがないという人がいましたらぜひ見てみてください。また曲の印象がひとつ変わるかもしれません。

2位 「BondS~絆~」

この曲は2006年に発売された「BondS~絆~」に収録されています。最近では2006年verとしてリメイクされたものが発表されました。ライブの後半で演奏される定番曲となっています。

ライブでは参加しているカフェっ仔がタオルを振り回します。曲が終了するとタオルを掲げます。レーベルがRedCafeだった頃は真っ赤になる会場が圧巻でした。

ライブでもかなりの確率で演奏される曲となっていますので、初めて参戦をする人は覚えておいて損はない1曲です。

1位 「スマイル一番イイ♀」

この曲は2006年に発売された「スマイル一番イイ♀」に収録されています。自分に自信のない女の子に向けて、「自分らしく輝くあなたは美しい」と訴えている曲です。この曲で励まされたというカフェっ仔は多いのではないでしょうか。

この曲のファンは非常に多く、「アンカフェと言えばこの曲」という人も少なくはないのではないでしょうか。ライブで演奏されると思わず歓声が上がることも多い印象です。

最近では昔と若干振りが変わってきています。久しぶりにライブに行く人は少し戸惑うかもしれません。しかしノリの良さは今も昔も変わらず素敵な曲です。

アンカフェの勢いはまだまだ止まらない!

今回は坊が在籍していた頃の曲を中心に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。現在のメンバーであるVo.みく、Gt.TAKUYA、Ba.カノン、key.ゆうき、Dr.輝喜になってから早10年が経過しましたが、昔の曲も色あせることなく現在でも愛されているものが多くありました。

デビューの頃からの夢であった武道館公演を2度成功させ、メジャーデビューも果たした彼ら。まさに絶好調でその勢いは衰える所を知りません。

実は活動再開後は様々な葛藤もあり、何かと苦悩を重ねてきました。しかしレーベルがWhiteCafeになったり、昔の名作である原宿三部作のリメイクを発表したりと、また新しいアンカフェに生まれ変わろうと努力を重ねています。

真っ白なアンカフェがこれからどのような色に染まっていくのか注目していきたいですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。