Acid Black Cherryがエロ・ヴィジュアル系として認知された「Black Cherry」

Acid Black Cherryといえば、エロ。エロといえばビジュアル系ではABCが担当という印象を決定づけたのがこの「Black Cherry」。♪AH〜…中に出して!は今でも伝説の歌詞として語り継がれる名曲です。

Acid Black Cherryといえば、エロ。エロといえばビジュアル系ではABCが担当という印象を決定づけたのがこの「Black Cherry」。その中核となる歌詞、

今でも伝説の歌詞として語り継がれる名曲です。

PVでもオープニングは女装したyasuが場末のクラブ歌手に扮しているところもすごいし、完全に歌詞も女性目線なところがムード歌謡直系の美学、それでいて楽器隊が入ってくるといきなりヴィジュアル系ロックに変貌するそのダイナミズムもたまらない魅力でした。

名台詞「中に出して!」で一挙に世間を驚かせたAcid Black Cherryの「Black Cherry」


(出典:YouTube)

ジャジーなピアノスタイルから一気にヘヴィーなロックへの転換という荒業が光るこの曲は、やはりソロ・プロジェクトがゆえに、参加ミュージシャンを自由にその時その時で変更できるという利点があるからかなと思わせました。

でも、でも、……やっぱり気になるのは「種」表現です。ここまで率直に歌詞に入れ込んだのは、メジャーシーンでは彼が初めてと言っても過言ではないでしょう。

もちろんシングル曲ですし。そしてこの伝統は、のちの「SPELL MAGIC」でいくとこまでいっちゃうんですけどね。

「Black Cherry」が入っているアルバム BLACK LIST(DVD付A)をAmazonでチェック!

「Black Cherry」が入っているアルバム BLACK LIST(DVD付A)をAmazonでチェック!

Acid Black Cherryが描く性に翻弄される女性を描いた「Black Cherry」

ちょっとソフトに変換すれば往年の中森明菜が歌っても似合いそうなセクシー歌詞。

yasuにはそうした歌謡メロディーの血が生々しく生きていて、さらにヴィジュアル系ならではの激しさも同居しているところがツボな人にはツボなところでしょうか。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。