和製ホラー己龍の和風コンセプトを動画で感じよう!

ビジュアル系バンドの中でも和風のビジュアルやサウンドで異彩を放つ、己龍。そんな己龍、オフィシャルでもMVを公開しています。これから己龍を知ろうとする方のために、己龍のコンセプトが伝わる動画を紹介します。

ビジュアル系バンドの中でも和風のビジュアルやサウンドで異彩を放つ己龍

コンセプトも楽曲コンセプトは「和製ホラー」、視的コンセプトは「痛絶ノスタルジック」をブレずに続けています。

そんな己龍、オフィシャルでもMVを公開しています。これから己龍を知ろうとする方のために、己龍のコンセプトが伝わる動画を紹介します。

己龍、3バンド合同の楽曲動画でも存在感抜群!


FAMILY PARTY【A:初回限定盤】をAmazonでチェック!

己龍はこれまで単独ライブや単独音源のほかに、ツーメンや4メンのライブを行ったり、他のバンドと合作のシングルを発表しています。

2015年11月に発表された「繚乱レゾナンス」は、己龍、Royz、コドモドラゴンの3バンドによる合同作品で、「FAMILY PARTY」に収録された曲です。

MVではRoyz、コドモドラゴンとともに大所帯で登場していますが、MVは和室を舞台に扇子を持って踊ったり、琴の音が奏でられたりと、和風テイスト満載。しかも己龍はもちろん、出演者のみんなの個性が光っている「傑作」に仕上がり、大好評です。

▶︎ FAMILY PARTY【A:初回限定盤】をAmazonでチェック!

己龍の「泡沫」動画もスゴイ!歌詞に「振り仮名をつけて」と話題に

先に紹介した「FAMILY PARTY」の中から、己龍単独の曲「泡沫」をご紹介します。

「繚乱レゾナンス」が凝ったセットで演奏したスタジオライブに近い雰囲気だったのに対し、「泡沫」のMVは短いホラー映画作品の感覚で楽しめます。

そして、歌詞で使う漢字もドラマティック。しかし、歌詞を「読めない」ファンも多く、ヤフー知恵袋では「振り仮名をつけてください」との依頼も入ったほどです。ちなみに、曲名「泡沫」は「うたかた」と読み、水の泡のように、はかなく消えやすいものを例えて言うときに使います。

なお、ヤフー知恵袋では他の曲の歌詞の解釈についても多数の質問が出ています。ファン同士歌を解釈し合い、己龍の魅力を分かち合う環境があるのも、素敵な点ですね。

▶︎ ヤフー知恵袋はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。