今なおファンを魅了し続ける…hideの伝説を紹介!

1998年に亡くなってからも、なおも人気のhide。hideはX JAPANのメンバーとしても、ソロ活動でも、さまざまな伝説を残してきました。今でもファンの間で語り継がれるhide伝説がたくさんあります。いくつかをご紹介しましょう。

1998年に亡くなってからも、なおも人気のhide

hideはX JAPANのメンバー(HIDE)としても、ソロ活動でも、さまざまな伝説を残してきました。今でもファンの間で語り継がれるhide伝説がたくさんあります。いくつかをご紹介しましょう。

hide伝説:hideといえば赤い髪

hideといえば、ピンクや赤い髪の毛、美しいメイクやカラフルなファッションが特徴ですね。最近の若い人でも、髪の毛を赤くしたりピンク色にすることを「hideのようにする」と言う人は多いです。そのくらい、hideのヘアスタイルは伝説的でした。

hideのファッションの原点は、家族にありました。美容院「みどり美容室」を経営していたおばあさんが、サリーを身につけるなど派手な格好をして若々しかったことが、hideに多大な影響を与えたといいます。

教育熱心な家庭に育ち、医師になることを期待されていたhide。進学校の逗子開成高校を卒業した後hideが進学したのは、ハリウッドビューティ専門学校でした。卒業後は美容師だった時期もあったのです。

hide伝説:「地球と戦っている!」

hideは、お酒が大好きでした。ライブの打ち上げなどで飲み歩くと、酔って記憶を失ってしまうと、両手をつき、「地球と戦っている!」と言うのが定番だったとか。

地球とはかなりハードに戦ったようです。hideはMステで、「戦い」に負けたとき、頭がい骨を骨折したり、踵の骨を折ってしまった「伝説」を明かしていました。

hideが亡くなったとき、マスコミは「首つり自殺」と書かれて、ファンの後追い自殺が相次ぎました。実は、泥酔して帰宅後に重度の肩こりの人が行う首の牽引をしていた際に起こった「事故」だったと発表されています。ギタリストは重いギターを肩にかけ、ライブでは何時間もギターを弾いたり動き回ったりしています。hideも肩こりに悩まされた一人でした。

hide伝説:難病の少女を支え続けてきた

hideと難病の女の子との交流も、伝説となっています。

先天代謝異常疾患のライソゾーム病と戦った貴志真由子さんは、hideの大ファンでした。真由子さんが支援団体を通じてhideに初めて会ったのが1995年大晦日、東京ドームでのライブ。X JAPANのライブでのことでした。1996年3月、真由子さんは移植手術を行いましたが拒否反応が出て危篤状態に。その知らせを聞いたhideは仕事をキャンセルし、真由子さんを励ましに駆けつけました。

元気になったらチーズになるかと思うぐらい
チーズケーキを食べような!
(引用:レモネードカフェ)

真由子さんは後日、退院するまでに回復しました。

真由子さんは2009年、28歳でhideのもとへ旅立ちました。真由子さんのご両親が2005年にオープンした和歌山市の「レモネードカフェ」は、hideが生前立ち上げていたレーベル「LEMONed」(レモネード)が名前の由来です。メニューには「約束のチーズケーキ」をはじめ、和歌山のレモンを使ったスイーツも。たびたび、ミュージシャンがライブを行う場所でもあります。

X JAPANの他のオススメ記事

伝説のhideが、ホログラムで帰ってくる!

X JAPANから、12月に20年ぶりの国内ツアーの開催、そして3月にアルバムリリースとの発表がありました!hideもライブがあります。9/11(金) ~9/27(日)、横浜駅西口のDMM VR THEATERで行われる「hide crystal project presents RADIOSITY」で、ホログラフィックでhideが帰ってきます。チケットキャンプ(チケキャン)ではhideX JAPANのチケットを取扱中です。ぜひチェックしてくださいね。

みんなのコメント
  1. 小林XJAPAN&hide琴星 より:

    hideさんの伝説は凄い!
    アタクシはいつもhideさんに勇気づけられています。「コワイイ」くて、優しいhideさん素敵すぎるです。
    一生ついていきます!

  2. 小林XJAPAN&hide琴星 より:

    hideさんは凄い!
    いつもhideさんから元気もらってます。
    「コワイイ」くも、優しいhideさん、一生ついていきます!

  3. 変態さん より:

     hideさんは大好きです!
     ラストライブの時toshiさんが落ち込んだら「コラー!toshi君パーッとパーッと!!」と言っていたそうです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。