TMR 西川貴教の人脈はここにも!?意外な有名人たちとの関係

5/13に発売となった4年ぶりのニューアルバム「天」を引っさげ、全国ツアーで大忙しのTMR・西川貴教。今回はそんな西川貴教の人柄から繋がったあんな人やこんな人、意外な有名人をご紹介いたしましょう。

5/13に発売となった4年ぶりのニューアルバム「天」を引っさげ、全国ツアーで大忙しのTMR・西川貴教

その音楽性はもちろん、テレビなどに出演する際に発揮する芸人顔負けのトークでも評判ですよね。

今回はそんな西川貴教の人柄から繋がったあんな人やこんな人、意外な有名人をご紹介いたしましょう。

TMR・西川貴教と繋がる意外な有名人 その1

1人目はSOPHIAのボーカル、松岡充

ビジュアル系で関西人、という共通点のある2人ですが、実はメジャーデビュー前からの知り合いだったのです。TMRとして活動を始めるより前、ヴィジュアル系バンド「Luis-Mary」として活動していた西川貴教。「東のLUNA SEA」「西のLuis-Mary」と称されるほど、インディーズ界では人気の存在でした。

そのLuis-Maryの後輩バンドの1人として、当時活動していたのが松岡充でした。その頃、まだ駆け出しのバンドは人気バンドの機材を運んだりといったいわゆる雑用をすることが通例となっていて、松岡充もその例に漏れずLuis-Maryのアンプなどを運んでいたようです。

そんな2人は今でも仲良し、イナズマロックフェスにもSOPHIAは参加しています。そしてその時SOPHIAが歌ったのが、Luis-Mary時代の名曲、「Rainy Blue」!2人の深い繋がりを感じさせる、いいエピソードですよね。

TMR・西川貴教と繋がる意外な有名人 その2

続いて2人目はBOOWYのボーカル、氷室京介

西川貴教はちょうどBOOWYの直撃世代。若い頃からの大ファンだったそう。オールナイトニッポンでかつて「ヒム日記」という氷室京介をリスペクトしたコーナーもありました。

コーナーの最初にはBOOWYの曲がかかり、熱唱する西川貴教が微笑ましかったですね。

そしてその後、オールナイトニッポン1部に昇格した際にはなんと氷室京介本人が出演。テレビやラジオへの出演が非常に珍しい氷室京介の登場ということで、大きな話題になりました。その後も西川貴教がいいともに出演した際やライブの際には花を届けてくれるなど、交流は続いているようです。

TMR・西川貴教と繋がる意外な有名人 その3

3人目は、シナリオライターの北川悦吏子

愛してるといってくれ、ロングバケーション、オレンジデイズなどの名作ドラマを手がけたヒットメイカーです。西川貴教の写真集の中で対談したことがきっかけで、2人の縁が生まれました。

その後、キムタク主演のドラマ「ビューティフルライフ」を制作する際に、西川貴教にオファーをします。なんとその役どころはキムタクと同じ美容院で働く、ライバルでした。

当時髪が長かったこともあり、美容師という配役はピッタリ。そしてキムタクに何かと意地悪をする嫌なライバルでしたが、後半はなぜかいい人になっていたのが印象的でした。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。