「ビニー/信じる男」は、アメリカで2016年11月にアメリカで公開された映画である。原題は「Bleed for This」で、交通事故で選手生命を絶たれたプロボクサー、ビニー・パジェンサを描いた作品だ。監督を務めるのは、アカデミー賞やゴールデングローブ賞、カンヌ国際映画祭などで数々の賞を受賞しているアメリカの映画監督マーティン・スコセッシ。キャストには、マイルズ・テラーやアーロン・エッカート、ケイティ・セイガル、キーラン・ハインズ、テッド・レヴィンなど、有名実力派俳優陣が選ばれた。また本作は「アメリカン・ビューティー」や「世界にひとつのプレイブック」に関わったスタッフが手掛ける作品としても有名だ。

ビニー/信じる男の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

「ビニー/信じる男」について

「ビニー/信じる男」の魅力とは

「ビニー/信じる男」の魅力は、主人公ビニー・パジェンサ役を務めるマイルズ・テラーの熱演だ。マイルズ・テラーは、数々の映画で名演技を披露しているアメリカの俳優で、過去にはクロトルディス賞で助演男優賞にノミネートされ、2014年公開の映画「セッション」では、ゴッサム・インディペンデント映画賞の主演男優賞、英国映画テレビ芸術アカデミー賞の新人賞、MTVムービー・アワードの主演男優賞、サテライト賞の主演男優賞にノミネートされた実力者だ。同作では、トレーナーのケビン・ルーニー役を演じるアーロン・エッカートと二人三脚で世界チャンピオンを目指す実在したプロボクサーを演じている。

同作は、世界チャンピオンに輝いたプロボクサーのビニーが交通事故による大怪我で選手生命の危機に陥り、どん底から這い上がる様子が描かれている。首の骨折という痛手を負い歩くことすら難しい状況の中、家族やトレーナーなど周囲からの反対を押し切り復帰を目指して過酷なトレーニングに取り組む姿は感動ものだ。果たしてビニーは無事に世界チャンピオンの座に返り咲くことができるのか、ぜひ劇場でその結末を見届けてほしい。

ビニー/信じる男が好きな方はこんなチケットもおすすめ