ミュージカル「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」は、ポスト印象派の天才画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの半生を描いた舞台だ。ゴッホはオランダ生まれの画家で、「ひまわり」「オーヴェルの教会」など生涯で2000点にもおよぶ絵画をこの世に残している。彼を主人公としたこの舞台は韓国で創作され、韓国大衆音楽賞で「今年の音楽人賞」を受賞したソヌ・ジョンアが音楽を担当し話題となった。日本版の初演ではヴィンセント役に「オーシャンズ11」で主演を務めた橋本さとし、テオ役に「レ・ミゼラブル」主演の岸祐が扮するとあって期待が高まっている。またヴィンセント役に泉見洋平、野島直人、テオ役に上山竜治、入野自由という4つの多様なバージョンで公演が行われるのも見どころのひとつである。

ヴィンセントヴァンゴッホの日程

137人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヴィンセントヴァンゴッホの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヴィンセントヴァンゴッホのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 00:00更新)

ミュージカル「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」について

ミュージカル「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」の魅力とは

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、ポスト印象派の世界的な画家である。彼は1953年にオランダ出身に生まれ、「ひまわり」「自画像」「カラスのいる麦畑」などの代表作を手が桁天才画家として知られている。しかし彼の絵画が生前に売れたのは、ほんの一握りだった。その波乱万丈の半生を描いたのがミュージカル「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」だ。弟テオとゴッホによる約700通にもおよぶ手紙をベースとして、韓国で上演された舞台が日本にも上陸する。音楽を担当したのは韓国大衆音楽賞で「今年の音楽人賞」を受賞したソヌ・ジョンア。ミュージカル「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」では、数々の名画のエピソードも交えながら、「炎の画家」と呼ばれたゴッホの人生に迫る。

その日本版では、ヴィンセント役に橋本さとしが扮する。彼は「レ・ミゼラブル」ジャン・バルジャン役、「シャーロックホームズ」「アダムス・ファミリー」多くのミュージカルで主演を飾る実力派俳優だ。そして「激走戦隊カーレンジャー」の主演で注目され、声優や舞台出演で活躍する岸 祐二がテオ役を担う。そしてヴィンセント役には泉見洋平、野島直人、テオ役に上山竜治、入野自由という別バージョンでの上演も決定している。

ヴィンセントヴァンゴッホが好きな方はこんなチケットもおすすめ