ヴィクトリア・ムローヴァ(Viktoria Yurievna Mullova)はロシア・モスクワ近郊のジュコーフスキー出身のヴァイオリニストである。モスクワ中央音楽学校を経て、モスクワ音楽院にてレオニード・コーガンに師事する。1983年、フィンランドの演奏旅行中にて伴奏者のヴァフタング・ジョルダニアと共に亡命を図る。ソ連が所有していたストラディヴァリウスをホテルに残しタクシーに飛び乗って国境を越えた。モントリオール交響楽団ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団バイエルン放送交響楽団、サンフランシスコ交響楽団など、世界の名だたる主要なオーケストラと共演している。ヴィクトリア・ムローヴァが愛用するヴァイオリンは、1723年製のストラディヴァリウス「ジュールズ・フォーク」に準バロック様式の弓。バロック音楽の演奏会では、古楽器グァダニーニも使用することもある。

ヴィクトリアムローヴァの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヴィクトリアムローヴァの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヴィクトリアムローヴァのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

ヴィクトリアムローヴァについて

ヴィクトリアムローヴァの魅力とは

ヴィクトリア・ムローヴァはロシア出身のヴァイオリニスト。
ソヴィエト連邦共和国時代には政治・社会体制の圧政に苦しむ音楽家がソヴィエトから亡命することは日常茶飯事であり、ヴィクトリア・ムローヴァもそのひとりである。
1982年にチャイコフスキー・コンクールで華々しい優勝を飾った翌年の1983年にアメリカへ亡命している。
現在はイギリス・ロンドンのホランド・パークにおいて、夫であるチェリストのマシュー・ベイリーと3人の娘たちと暮らしている。
国情のために音楽活動において不遇の時代を迎えるも、後にトルストイ財団の支援やスウェーデンに亡命してから、活躍の場を増やす。
アンドレ・プレヴィン、ハインリヒ・シフと共演したバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ」の録音によりグラミー賞を受賞する。

ヴィクトリア・ムローヴァの奏でるヴァイオリンには完璧なる技術、美しい音に加え深みのある知性が備わっている。その音色はどこか憂いを感じさせる。
「現代最高峰のヴァイオリニストの一人」の称号も誰もが認めることである。常に世界的な高評価を得ながらにして、新しいことに挑戦し続ける姿勢に世界中が惹かれている。

ヴィクトリアムローヴァが好きな方はこんなチケットもおすすめ