ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団はオーストリアのウィーンを代表する管弦楽団。管弦楽団とはオーケストラという意味。音楽の都ウィーンを代表するオーケストラである。 ドイツ語ではWiener Philharmonikerであるが、英語ではVienna Philharmonic Orchestraと表記する。その略称は正式なドイツ語表記よりWPhであるが、簡単にWPともする。また、英語表記の頭文字を取りVPOとも表記される。本拠地はウィーン楽友協会大ホール(ムジークフェラインザール)。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会は年間契約者に対しての予約販売をしているため、チケットの入手は現地でも困難を極める。

ウィーンフィルハーモニーの日程

870人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団について

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の魅力とは

オーストリアのウィーンを代表するオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。音楽の都ウィーンでもその人気は確かである。
本拠地はウィーン楽友協会大ホール(ムジークフェラインザール)。
その起源は古く、後のウィーン国立歌劇場となる帝国王立宮廷歌劇場のオーケストラとして、1842年3月28日に誕生する。ウィーン・フィル初の国外公演は1900年のパリ万国博覧会で、その指揮は当時首席指揮者であったグスタフ・マーラーがとった。
ウィンナ・オーボエ、ウィンナ・ホルン、ウィンナ・パウケン、ウィンナ・トランペットなど、ウィーン独自の伝統的な楽器が使用されている。
演奏はあくまでウィーン・スタイルを貫いている。その姿勢は指揮者に対しても変わらぬことで、ウィーンの音楽センスを持った指揮者でなければ指示にはなかなか従うことはない。
ウィーンフィルが他のオーケストラと異なるの部分は、オーナーがおかず、誰にも雇われず、自主運営組織だということである。
演奏曲のレパートリーもウィーンとゆかりの深い作曲家が中心である。しかしロシア音楽やフランス音楽の演奏でも定評がある。

ウィーンフィルハーモニーが好きな方はこんなチケットもおすすめ