今や宝塚歌劇団の代名詞ともいえる舞台「ベルサイユのばら」。1974年に初めて上演されてから40年以上経つとはいえ、宝塚歌劇団の舞台を見たことは無い人でも、宝塚歌劇団の舞台「ベルサイユのばら」のことを知らない人はいないだろう。宝塚歌劇団の数ある舞台の中でも、まさに別格と言えるほどの重要な作品と言える。これまでにも「オスカルとアンドレ編」、「フェルゼンとマリー・アントワネット編」「オスカル編」をはじめとして様々な演目で、多くのファンを魅了し、そして愛されてきた「ベルサイユのばら」。2015年は、「フェルゼンとマリー・アントワネット編」。花組トップスター・明日海 りおを中心とした花組による、「ベルサイユのばら」が登場。2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇の、101周年最初の「ベルサイユのばら」にふさわしいといえる注目の舞台。チケットも例年以上に入手困難になる事は間違いない。

花組 ベルサイユのばら フェルゼンとマリーアントワネット編の日程

736人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ベルサイユのばら フェルゼンとマリー・アントワネット編の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ベルサイユのばら フェルゼンとマリー・アントワネット編のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

ベルサイユのばらについて

宝塚歌劇団の代名詞ともいえる舞台「ベルサイユのばら」。1974年に初めて上演されてから40年以上経つとはいえ、宝塚歌劇団の舞台を見たことは無い人でも、宝塚歌劇団の舞台「ベルサイユのばら」のことを知らない人はいないだろう。18世紀のフランスを舞台に、革命の機運が蠢く世情の中で、オスカルとアンドレ、そしてフェルゼンとマリー・アントワネットの2組の恋人たちの、情熱的で哀しい恋の物語である「ベルサイユのばら」は、時には社会現象とまで言われるほどの、空前の「ベルサイユのばら」ブームを巻き起こし、チケットの入手が非常に困難を極めるほどの人気を集め、宝塚歌劇団の数ある舞台の中でも、まさに別格と言えるほどの重要な作品と言える。 再演の度に大好評を博したこの作品。今回は明日海りおを中心とした花組による「フェルゼンとマリー・アントワネット編」が宝塚グランドロマンの演目として決定。

さらにレビューロマンで上演されるのは「宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア) 」。優美で繊細、情熱的で大胆、様々な魅力を持つ明日海りお率いる花組が織りなす幻想曲(ファンタジア)にも注目が集まる。宝塚歌劇百年の歴史が紡ぎだした伝統に日本古来の美をちりばめて、時にクラシカルに、時に現代的なビートで繰り広げるレヴューロマンとなっている。2015年の宝塚大劇場公演、東京宝塚劇場公演バージョンに新たな演出が加わった内容となっている。 なお、両作品は第二回宝塚歌劇団 台湾公演(2015年8月)でも上演される。国内だけではなく海外でも羽ばたく「ベルサイユのばら」。この公演のチケット、申し込みが殺到すること間違いない。

花組 ベルサイユのばら フェルゼンとマリーアントワネット編が好きな方はこんなチケットもおすすめ