ヴェローナの二紳士」は、シェイクスピアが書いた最古の喜劇として知られている作品。蜷川幸雄演出・監修のもと、女性役も含めてすべての役を男性キャストが演じるオールメール作品として注目を集めている。「ヴェローナの二紳士」のメインキャストは初の女役に挑戦する溝端淳平を始め、「わたしを離さないで」の熱演が記憶に新しい三浦涼介、オールメール作品の実績豊富な月川悠貴、蜷川作品発参加の高橋光臣など、実力充分の若手たち。「ヴェローナの二紳士」は、2015年10月より、彩の国シェイクスピア・シリーズ第31弾として彩の国さいたま芸術劇場で上演される。その後、大阪梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT、福岡キャナルシティ劇場でも上演される。

ヴェローナの二紳士の日程

88人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ミュージカル ヴェローナの二紳士の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ミュージカル ヴェローナの二紳士のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

ヴェローナの二紳士について

「ヴェローナの二紳士」は、シェイクスピアが書いた最古の喜劇として知られている作品。蜷川幸雄演出・監修のもと、女性役も含めてすべての役を男性キャストが演じるオールメール作品として注目を集めている。

「ヴェローナの二紳士」は、シェイクスピアが執筆した戯曲全37作品を、蜷川幸雄の演出・監修のもとで上演する「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の第31弾。恋や友情、裏切りを題材に、若者たちの巻き起こす騒動を描いた喜劇だ。

「ヴェローナの二紳士」のメインキャストは、海外公演も果たした「ムサシ」小次郎役で注目を集め、初の女役に挑戦する溝端淳平、「わたしを離さないで」の熱演が記憶に新しい三浦涼介、オールメール作品で娘役として出演経験豊富な月川悠貴、今回が蜷川作品発参加の高橋光臣など、ドラマ・映画・舞台で多彩に活躍する若手が集結。

この秋注目の舞台「ヴェローナの二紳士」は、2015年10月より、彩の国さいたま芸術劇場で上演される。その後、大阪梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT、福岡キャナルシティ劇場でも上演。世界の蜷川監督によるシェイクスピア作品が、どのように仕上がっているのか、ぜひ確かめて欲しい。注目の作品とあって、チケット入手も困難となりそうだ。

ヴェローナの二紳士が好きな方はこんなチケットもおすすめ