大曲花火大橋上流河川敷のキャパ(収容人数)アクセス、座席表、連絡先、イベントや公演一覧。など大曲花火大橋上流河川敷で開催される良席やお得な定価以下チケットも多数取扱中。秋田県大曲花火大橋上流河川敷秋田県立野球場 こまちスタジアムグリーンスタジアムよこて秋田県立体育館で開催されるチケットも取扱中です。「あんしん決済」「補償システム」を導入し、365日専門スタッフがお取引をサポート!

大曲花火大橋上流河川敷について住所・電話番号・アクセス・キャパ

大曲花火大橋上流河川敷は、秋田県の大仙市にあり、昔から花火が盛んな土地である。大曲の花火の歴史は古く1910年に第1回の大会が開催された。しかし、戦時中に中断に追い込まれて継続が危惧されたこともあったが、それを乗り越えて今も続く大きな花火大会となった。今では日本三大花火大会のひとつだといわれている。大曲の花火競技大会は、花火師がその実力を競う最高峰の大会だ。特に優れた技術者や他の競技会で賞を取った花火師が選ばれるが、毎年30社以内という規定があり、5年に1回5社を入れかえることになっている。その花火師たちが総合優勝である内閣総理大臣賞を競い合うことになる。毎年全国から70万人以上の観客動員が来場するのも質の高い花火を見ることが出来るからだ。昭和38年に創造花火と名付けられた花火が始まり、ストーリー性や音楽の組み合わせによって新しい花火の表現が生まれた。それもまた観客数が増えた理由だといわれている。観覧する場所は、河川敷なので特に目印がなく迷子も多いが、子供よりも老人の迷子が多いようだ。場内には色の違う回転灯が3カ所に設置されているので、迷子になった場合はそれを待ち合わせ場所にしておくのがおすすめだ。

住所 秋田県大仙市大曲花火大橋付近 雄物川河畔
電話番号 0187-62-1262 (大曲商工会議所)
アクセス
(最寄り駅)
<電車>
秋田新幹線,山形新幹線,奥羽本線 「大曲駅」より徒歩約30分
駐車場 あり
収容人数
(キャパシティ)
800,000人
公式サイト http://www.oomagari-hanabi.com/
地図

公演がありません

秋田県の会場一覧