文学座アトリエのキャパ(収容人数)アクセス、座席表、連絡先、イベントや公演一覧。文学座12月アトリエの会 鳩に水をやるなど文学座アトリエで開催される良席やお得な定価以下チケットも多数取扱中。東京都東京ドーム新国立競技場味の素スタジアム神宮球場で開催されるチケットも取扱中です。「あんしん決済」「補償システム」を導入し、365日専門スタッフがお取引をサポート!

文学座アトリエについて住所・電話番号・アクセス・キャパ

文学座アトリエは、東京都新宿区にある劇場。公共機関でアクセスする場合、JR「信濃町駅」より徒歩5分ほどである。車でアクセスする場合、駐車場が用意されていない為、近隣のコインパーキングの利用となるため公共機関の利用をオススメする。1937年に文学座アトリエは、久保田万太郎、岸田國士、岩田豊雄の3名が発起人になって創立された。現在でもドラマや映画などで活躍している俳優を数多く輩出している。1955年にイギリス建築様式のチューダー様式を用いて設計された。2012年には床を張り替える補修工事が行われ、今後もロビーや壁などの補修が予定されている。この施設は、文学座の稽古場であると同時に、前衛的であり実験的な作品を上演する為のアトリエの会を行う為の拠点となっている。演劇以外にも演劇のワークショップなども行われている。キャパシティは200席。文学座に支持会に入会すると、公演の割引特典や招待などを受ける事が出来る。

住所 東京都新宿区信濃町10
電話番号 03-3351-7265
アクセス
(最寄り駅)
JR中央・総武線「信濃町駅」より徒歩5分
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩9分
駐車場 あり
収容人数
(キャパシティ)
200人
公式サイト http://www.bungakuza.com/
地図

2017

2017 (公演終了)

文学座アトリエの周辺宿泊ホテル

[by るるぶトラベル]

東京都の会場一覧