VAN HALEN (ヴァン・ヘイレン)は、デイヴィッド・リー・ロス(Vo)、エドワード・ヴァン・ヘイレン(G)、アレックス・ヴァン・ヘイレン(Dr)、ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン(Ba)をメンバーとする、アメリカのハードロック・バンド。アレックスはエドワードの兄、ウルフギャングはエドワードの息子である。 オランダに生まれ、幼い頃からクラシック音楽に親しんできたエドワードとアレックス兄弟。やがて一家でアメリカのロサンゼルス近くに移住すると、二人はロックやポップ・ミュージックに興味を移していった。最終的にはバンドを結成し、『ジェネシス』『ブローケン・コムス』『マンモス』などと名前を変えつつ活動した。この『マンモス』が後の『ヴァン・ヘイレン』の母体となるメンバーが揃ったバンドである。

ヴァンヘイレン(VAN HALEN)の日程

12人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヴァンヘイレンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

VAN HALEN (ヴァン・ヘイレン)について

VAN HALEN (ヴァン・ヘイレン)のライブの魅力とは

バンド名を『VAN HALEN (ヴァン・ヘイレン)』に改名後、1977年に『ワーナー・ブラザーズ』と契約。翌年の1978年1月に初シングルを発表した。 さらに同年2月に1stアルバムを発表し、すぐに150万枚を突破した。全米最高19位を獲得し、まさに「大型新人」「衝撃のデビュー」という言葉がピッタリの発進となった。 その後いくつもの大ヒットを飛ばすが、メンバーの変動やエドワードの癌手術などが重なり、1999年には活動休止の状態になる。しかし様々な問題を乗り越えて2007年に復活し、現在に至っている。

エドワードのギター・テクニックは高く、特に楽曲中で『ライトハンド奏法』を多用し世間に広く知らしめたことは有名。アレックスの軽快なドラムスと、デイヴィッドの少々ハスキーでスモーキーな歌声と合わせてバランスが良く、『ヴァン・ヘイレン』独特の乾いたサウンドを生み出している。2012年に加入したウルフギャングのベースの評価も悪くないようだ。 ライブでは、特にデイヴィドとエドワードがよく動き回る。足を上げる、腰を振るなどアグレッシブで少々品のない(!)パフォーマンスを見られる。しかし、コンサートチケットを取るのはなかなか困難。2012年に来日した際のチケット(大阪公演分)は発売後3分で完売したというから、ファンの多さ・根強さがうかがえる。

ヴァンヘイレン(VAN HALEN)が好きな方はこんなチケットもおすすめ