ヴァンパイア・サクセション」は、宝塚歌劇宙組が、2016年5月に大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティと、神奈川芸術劇場にて上演するミュージカル。主演は、真風涼帆。星組から宙組に組替えして、初の主演公演となる。「ヴァンパイア・サクセション」の脚本・演出は石田昌也。これまでヴァンパイア物を数多く上演してきた宝塚歌劇だが、今回の「ヴァンパイア・サクセション」はこれまでのものと違い、ハートフルなコメディタッチで描かれる。真風涼帆は、「ヴァンパイア・サクセション」の中で現代のニューヨークに蘇ったヴァンパイア・アルカードを演じる。歯科医を目指す、不幸な過去を持つ少女とのふれあいの中で、人間になろうとするヴァンパイアを真風涼帆がどのように演じるか、期待が高まる。

ヴァンパイアサクセションの日程

615人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 ヴァンパイアサクセションの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 ヴァンパイアサクセションのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

ヴァンパイアサクセションについて

「ヴァンパイア・サクセション」は、真風涼帆主演・宝塚歌劇宙組で上演されるミュージカル。脚本・演出を石田昌也が務める新作だ。上演劇場は、大阪の大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティと、神奈川芸術劇場。宝塚歌劇星組から、宙組へと組替えした真風涼帆による、宙組初の主演作品だ。

真風涼帆主演の「ヴァンパイア・サクセション」と同時期に宙組が博多座で上演するのは、朝夏まなと・実咲凜音主演の「王家に捧ぐ歌」。トップコンビのお披露目公演の再演とあって、こちらも注目を集めている。 真風涼帆が「ヴァンパイア・サクセション」で演じるのは、現代のニューヨークに蘇ったヴァンパイア・アルカード。すっかり生血の為に人を襲うことも十字架を恐れることもなくなっていたアルカードは、ヴァンパイア研究家の末裔であるヘルシング16世とも友情を育んでいる。アルカードは、歯科医を目指す、不幸な過去を持つ少女・ルーシーと出会う。彼女に惹かれ、次第に「人間」になりたいと望むヴァンパイアの物語だ。

「ヴァンパイア・サクセション」は、これまでのヴァンパイア物とは一味違う、ハートフルなコメディタッチの作品。真風涼帆の主演であり、ビジュアル的にもかなりの完成度が期待できるため、演目発表時からチケット難が予想されている。

ヴァンパイアサクセションが好きな方はこんなチケットもおすすめ